エアバス、2020年度は民間機566機納入 純受注268機 | FlyTeam ニュース

エアバス、2020年度は民間機566機納入 純受注268機

ニュース画像 1枚目:A321LR イメージ
A321LR イメージ

エアバスは、2020年度の民間機納入が、87社、566機を記録したと発表しました。新型コロナウイルス感染症の世界的な流行を受け、2020年4月に生産調整を発表し、この計画にあわせた納入機数でした。機数は前年の65%で、297機の減少でした。

世界の空はコロナ対策のため、各国で移動制限が実施されていました。こうした事態に対応するため、エアバスは遠隔で納入に関わる作業に対応できる「e-delivery」方式を導入しました。新機材を受領する航空会社は、機体受領に携わるスタッフの人員移動を最小限に抑え、機体の引き渡しを受けることができます。この新方式は、2020年度に納入された25%以上で採用されました。

また、2020年の総受注機数は383機、純受注は268機、2020年末時点のキャンセルは115機でした。エアバスは、困難な時期にありながら、幅広い市場の需要が継続していると指摘し、2021年以降に期待を示しています。中でもA220は64機を受注し、単通路の100席から150席未満クラスでの市場優位性を確保しています。エアバスのベストセラー、A320ファミリーは296機を受注し、このうち37機が長距離型のA321XLRです。

■2020年1〜12月 エアバス納入機数
2020年2019年
A220 ファミリー38機-48機-
A320 ファミリー446機うちNEO 431機642機うちNEO 551機
A330 ファミリー19機うちNEO 13機53機うちNEO 41機
A350 ファミリー59機うちA350-1000 14機112機うちA350-1000 25機
A3804機-8機-
メニューを開く