ANA、成田からジブチへ787-9でチャーター便を運航

ANA、成田からジブチへ787-9でチャーター便を運航

ニュース画像 1枚目:787 イメージ (musashiさん撮影)
787 イメージ (musashiさん撮影)

全日空(ANA)は2021年1月18日(月)から1月20日(水)にかけて、ボーイング787-9型機の機体記号(レジ)「JA891A」で、ジブチへのチャーター便を運航しました。成田空港から高松空港に向かい、高知駐屯地の陸上自衛隊第50普通科連隊を乗せ、NH1983便としてムンバイを経由し、ジブチ国際空港に向かいました。帰路は、ムンバイを経由し、成田国際空港に戻ります。

このチャーター便は、ソマリア沖・アデン湾の海賊対処にあたる派遣海賊対処行動支援隊の第14次隊から第15次隊への交代のため、運航されました。第15次隊要員の第1波は2020年11月26日(木)に民間機で出国しており、チャーター便は第2波の基幹部隊の出国に伴う運航でした。

なお、宇都宮駐屯地の中央即応連隊を基幹とする第14次要員の第2波は、2月2日(火)に民間の定期便を利用して、羽田空港に帰国する予定です。

この記事に関連するニュース
メニューを開く