鳥取県とチャイナエアライン、台北で鳥取観光セミナー初開催 | FlyTeam ニュース

鳥取県とチャイナエアライン、台北で鳥取観光セミナー初開催

鳥取県とチャイナエアラインは2021年1月22日(金)、鳥取県の観光や食の魅力を伝える観光セミナーを台北で初めて開催しました。台北市民の約50名に鳥取の観光情報を提供したほか、鳥取砂丘からのライブ中継やプレゼントが当たる抽選会が実施されました。

ライブ中継では、鳥取県の代表観光スポットの1つである鳥取砂丘のほか、鳥取市用瀬町で陶芸体験や着付け体験が可能な宿泊施設「ゆいの宿 長谷川邸」から、鳥取県の今を紹介。抽選会では、世界屈指のラドン泉「三朝温泉」を使用した無添加化粧水「三朝ミスト」や「蟹せんべい」、またチャイナエアライン提供商品がプレゼントされ、会場を盛り上げました。

台湾を拠点とするチャイナエアラインは、鳥取県に定期的にチャーター便を運航しています。最後のチャーター便は、新型コロナウイルス・パンデミック発生以前の2019年秋で、チャイナエアライン機材でインバウンドチャーターが6往復、子会社のマンダリン航空の機材で25往復が運航されました。

鳥取県はチャイナエアラインのほか、1月20日(水)にもタイガーエア台湾と台北で鳥取のPRイベントを開催しています。航空会社と提携し、鳥取県の魅力を伝えるイベントを開催することにより、コロナ後のインバウンド需要を保持、拡大したい考えです。

期日: 2021/01/22
この記事に関連するニュース
メニューを開く