愛媛県消防防災航空隊、2月2日に今治市消防本部と吊り上げ救助訓練

愛媛県消防防災航空隊、2月2日に今治市消防本部と吊り上げ救助訓練

ニュース画像 1枚目:愛媛県消防防災航空隊 BK117C-2
愛媛県消防防災航空隊 BK117C-2

愛媛県消防防災航空隊は2021年2月2日(火)、今治市消防本部と合同訓練を実施します。訓練は、県消防防災ヘリコプターの川崎製BK117C-2型、機体記号(レジ)「JA117E」を使い、空中にヘリコプターを停止させた吊り上げ救助訓練などを予定しています。訓練会場は今治市玉川町龍岡上の玉川湖畔公園です。

訓練の実施時間は9時35分から11時35分です。天候不良、緊急運航事案が発生した場合は訓練を中止する場合があり、予備日は2月8日(月)です。市町村との消防防災訓練は、愛媛県の消防年報によると、2019年度は31回、実施されています。

愛媛県消防防災航空隊のBK117C-2「Ehime21」は、担架などの資機材の搬出入をしやすいように機体後部に観音開きのクラムシェル・ドアを備えています。広いキャビンスペース、コンパクトなボディ、機動性の良さから、消防・防災用や救急医療用機として各機関で採用されています。

期日: 2021/02/02
メニューを開く