成田/東京間のエアポートバス、3月から運賃値上げ 1,300円に | FlyTeam ニュース

成田/東京間のエアポートバス、3月から運賃値上げ 1,300円に

ニュース画像 1枚目:「エアポートバス東京・成田」バスイメージ
「エアポートバス東京・成田」バスイメージ

成田空港と東京駅を結ぶ「エアポートバス東京・成田」は2021年3月1日(月)から、空港バスの乗車運賃を値上げします。現在、深夜早朝便でない通常便は、大人1,000円、小学生500円ですが、改定後は大人1,300円、小学生650円になります。なお、深夜便は、大人が2,000円から2,600円に変更されます。

エアポートバス東京・成田は、京成バスグループの「東京シャトル」と「有楽町シャトル」、JR高速バスと平和交通グループの「THEアクセス成田」を統合し、新たな名称「エアポートバス東京・成田」のもとに運行を開始した空港アクセスバスです。

これまで成田/東京間を乗り継ぎなく1,000円で移動できる手段として利便性が評価されていました。しかし、コロナ禍において航空旅客が激減。採算性の悪化により、今回3割の値上げを決定しました。

この記事に関連するニュース
メニューを開く