JAレジ、1月まとめ 新規・抹消・予約とも各6機ずつ登録

JAレジ、1月まとめ 新規・抹消・予約とも各6機ずつ登録

ニュース画像 1枚目:ANAのA321neo「JA144A」 (Fly Yokotayaさん撮影)
ANAのA321neo「JA144A」 (Fly Yokotayaさん撮影)

国土交通省航空局によると、2021年1月の日本国籍の航空機登録は、新規登録6機、抹消6機、予約登録6機でした。新規登録では、エアバス・ヘリコプターズ・ジャパンが機体記号(レジ)「JA001P」を登録しており、警察庁に納入予定のH225スーパーピューマとみられます。

商用機では全日空(ANA)が15機目のA321neoを「JA144A」、ピーチがA320neoを「JA203P」「JA204P」で2機、登録しました。ANA、ピーチの3機は全て、定期便運航のためライン投入済みです。

「JA89HA」は三井物産エアロスペースが登録しており、朝日川越ヘリポートが定置場です。この機体は、2019年10月に台風19号の影響で被災した「JA89QH」の代替機とみられます。アメリカ・フィラデルフィアで製造、試験飛行後に日本へ輸送され、すでに日本でも飛行しています。

抹消登録では、ANAが計4機を退役させています。737-700、767-300、777-200、777-300といずれも機種は異なりますが、コロナ禍の影響を受け、退役機数が増えています。このうち、777の「JA705A」「JA732A」はいずれもモハーヴェ、「JA8971」はロズウェル、「JA17AN」はツーソンにそれぞれフェリーされています。また、「JA12JJ」はジェットスター・ジャパンから籍を離れ、オーストラリア・アリススプリングスで保管中です。

ニュース画像 1枚目:SKYTREK塗装の「JA04GB」 (RyuRyu1212さん撮影)
SKYTREK塗装の「JA04GB」 (RyuRyu1212さん撮影)

「JA04GB」は2017年5月に鹿児島空港を定置場として登録、その後はホンダエアポートに移されています。本田航空、スカイトレックが主に使用していましたが、メキシコへ売却されています。売却サイトに掲載されている情報によると、およそ1億3,800万円超で成約した模様です。

■2021年1月 新規登録機
登録日レジ番号航空会社機種製造番号
2021-01-05JA001Pエアバス・ヘリコプターズ・ジャパンRGEC225LP2999
2021-01-07JA99DRクリアネットB300FL-1076
2021-01-14JA203P全日空商事アイリスリーシング(ピーチ)A320-251N10356
2021-01-15JA89HA三井物産エアロスペースAW13941576
2021-01-21JA144Aティーエルシーカルミア(ANA)A321-272N10363
2021-01-21JA204P全日空商事ピオニーリーシング(ピーチ)A320-251N10392
ニュース画像 2枚目:ジェットスターで活躍した「JA12JJ」 (かみじょー。さん撮影)
ジェットスターで活躍した「JA12JJ」 (かみじょー。さん撮影)
■2021年1月 抹消登録機
抹消日レジ番号航空会社機種抹消理由
2021-01-15JA8971ANAホールディングス767-300航空の用に供さないため
2021-01-19JA705AANAホールディングス777-200航空の用に供さないため
2021-01-19JA04GBSKYTREKKodiak100メキシコ合衆国Enrique A Tron Berenguerに売却のため
2021-01-21JA17ANANAホールディングス737-700航空の用に供さないため
2021-01-21JA732AANAホールディングス777-300ER航空の用に供さないため
2021-01-22JA12JJJJTEC1(ジェットスター・ジャパン)A320-232航空の用に供さないため

■2021年1月 予約登録機
JA82TH、JA416A、JA239A、JA7212、JA76EL、JA109Q

この記事に関連するニュース
メニューを開く