ブリュッセルからのワクチン第3便、ANAの787-9で成田到着

ブリュッセルからのワクチン第3便、ANAの787-9で成田到着

ニュース画像 1枚目:ワクチンを搭載、成田空港232番スポットに到着したJA891A
ワクチンを搭載、成田空港232番スポットに到着したJA891A

全日空(ANA)、DHLグローバルフォワーディングジャパン、ファイザーは2021年3月1日(月)、ベルギーから日本へ新型コロナワクチンを輸送しました。今回は、2月12日(金)の初便、2月21日(日)の第2便に続く第3便でした。初便は約6万4,000バイアル、第2便は約7万5,000バイアル、第3便は8万7,750バイアルを輸送しており、過去もっとも多いワクチンの輸送となりました。1バイアルあたり6回接種すると、今回の輸送は最大で52万6,500回分に相当します。

ベルギーから日本まで国際区間の空輸は、ブリュッセル発ANA9648便として現地2月28日(日)14時54分に出発、成田空港に3月1日(月)10時5分に着陸、スポットインは10時14分でした。使用した機材はボーイング787-9型、機体記号(レジ)「JA891A」でした。

着陸後、「JA891A」は成田空港貨物エリアの232番スポットに駐機。機内から迅速に貨物上屋へ輸送され、450箱がDHLのトラックに積み込まれ、各地へ送り届けられます。政府は医療従事者に続き、今週にも都道府県にワクチンを配送する方針を示しています。今後の空輸予定も勘案すると今回の空輸は、国内でのワクチン摂取の皮切りとなりそうです。

■過去のワクチン輸送と今後の予定
輸送日・輸送予定195バイアル6回分試算累計(回数)累計(人分)
2021/02/1233064,350386,100386,100193,050
2021/02/2138775,465452,790838,890419,445
2021/03/0145087,750526,5001,365,390682,695
2021/03/08の週850165,750994,5002,359,8901,179,945
2021/03/15の週36070,200421,2002,781,0901,390,545
2021/03/22の週26451,480308,8803,089,9701,544,985
2021/03/29の週35168,445410,6703,500,6401,750,320

※配信後、情報を一部、アップデートしています。

この記事に関連するニュース
メニューを開く