足利の林野火災、各県消防・防災と自衛隊ヘリ 散水212万リットル | FlyTeam ニュース

足利の林野火災、各県消防・防災と自衛隊ヘリ 散水212万リットル

ニュース画像 1枚目:入間ヘリコプター空輸隊
入間ヘリコプター空輸隊

栃木県足利市で発生した林野火災の消火活動に従事した各航空部隊は、2021年3月3日(水)14時30分に引き揚げました。自衛隊も同時刻に栃木県知事から宇都宮駐屯地 陸上自衛隊第12特科隊長への災害派遣撤収要請を受け、活動を終了しています。

2月21日(日)の活動開始から、航空部隊の散水回数は902回、散水量は212万4,960リットルを記録しました。各自治体からの応援を含む消防・防災ヘリの散水回数は531回、散水量は26万9,960リットル、自衛隊ヘリは371回、散水量は185万5,000リットルでした。

火災発生後、人的被害や住居への延焼は発生していませんが、およそ106ヘクタールが焼け、両崖山山頂付近に鎮座していた御岳神社が全焼しています。3月1日(月)16時に鎮圧が宣言されたのち、鎮火に向け活動が続けられる中、3月2日(火)と3月3日(水)はヘリコプターは待機し、散水活動はありませんでした。

今後は足利市消防と栃木県の航空隊を中心に、鎮火が難しいとされる急傾斜の安全管理を継続し、残火処理に対応します。

■足利市の林野火災:対応状況
日にち活動部隊散水回数散水量
2月21日(日)栃木県防災ヘリ2回1,000リットル
2月22日(月)栃木県防災ヘリ17回10,800リットル
茨城県防災ヘリ14回6,900リットル
埼玉県防災ヘリ19回5,050リットル
自衛隊ヘリ4機41回205,000リットル
2月23日(火・祝)防災・消防ヘリ強風のため空中消火実施せず
自衛隊ヘリ4機43回215,000リットル
2月24日(水)栃木県防災ヘリ23回13,100リットル
茨城県防災ヘリ17回8,500リットル
埼玉県防災ヘリ13回3,800リットル
山梨県防災ヘリ13回9,360リットル
横浜市消防局消防ヘリ5回2,700リットル
自衛隊ヘリ6機74回370,000リットル
群馬県による航空指揮支援活動-
2月25日(木)栃木県防災ヘリ24回15,000リットル
茨城県防災ヘリ35回17,300リットル
埼玉県防災ヘリ41回22,400リットル
宮城県防災ヘリ20回8,000リットル
自衛隊ヘリ8機65回325,000リットル
福島県・群馬県による航空指揮支援活動-
2月26日(金)栃木県防災ヘリ情報収集(偵察)
茨城県防災ヘリ7回3,700リットル
埼玉県防災ヘリ10回3,000リットル
横浜市消防局消防ヘリ9回3,000リットル
自衛隊ヘリ4機25回125,000リットル
福島県による航空指揮支援活動-
2月27日(土)栃木県防災ヘリ28回18,100リットル
富山県防災ヘリ7回4,650リットル
埼玉県防災ヘリ20回12,000リットル
東京消防庁ヘリ23回9,100リットル
横浜市消防局消防ヘリ15回8,600リットル
宮城県防災ヘリ13回6,600リットル
自衛隊ヘリ8機54回270,000リットル
福島県による航空指揮支援活動-
2月28日(日)栃木県防災ヘリ14回8,800リットル
茨城県防災ヘリ24回12,500リットル
埼玉県防災ヘリ48回24,000リットル
東京消防庁ヘリ37回11,900リットル
横浜市消防局消防ヘリ23回15,800リットル
自衛隊ヘリ6機44回220,000リットル
福島県による航空指揮支援活動-
3月1日(月)栃木県防災ヘリ情報収集(偵察)
東京消防庁ヘリ5回1700リットル
横浜市消防局消防ヘリ5回2600リットル
自衛隊ヘリ4機25回125,000リットル
福島県による航空指揮支援活動-
3月2日(火)栃木県防災ヘリ情報収集(偵察)
自衛隊ヘリ2機相馬原駐屯地飛行場で待機
3月3日(水)栃木県防災ヘリ情報収集(偵察)
自衛隊ヘリ2機相馬原駐屯地飛行場で待機
この記事に関連するニュース
メニューを開く