ANA、ラウンジ利用基準を変更 上級会員の同行者「同一便」に限定 | FlyTeam ニュース

ANA、ラウンジ利用基準を変更 上級会員の同行者「同一便」に限定

ニュース画像 1枚目:羽田第2ターミナル国際線 ANA SUITE LOUNGE
羽田第2ターミナル国際線 ANA SUITE LOUNGE

全日空(ANA)は2021年5月3日(月・祝)から、上級会員の同行者ラウンジ利用基準を一部変更します。会員の同行者についてラウンジ利用条件を変更し、会員本人と「同一便」利用時のみに限定されます。国内線プレミアムクラス、国際線ファーストクラス利用時は、同行者のラウンジ利用条件に変更はなく、「同日中」のフライト利用でラウンジを利用できます。

対象の上級会員は、ANAのダイヤモンド、プラチナ会員、またスーパーフライヤーズ会員で、同行者と一緒に利用できるのは、スターアライアンス加盟航空会社が運営するラウンジです。スターアライアンスのゴールド会員として、これらのラウンジを同行者1名と一緒に利用できますが、同行者は会員と同時にラウンジに入室する必要があります。

なお、現在は会員本人と「同日中」に出発する同行者は、会員と同時入室で、対象ラウンジが利用可能です。

■同行者のラウンジ利用基準
~5月2日(日)
国内線会員本人と同日中にANAグループ運航便で出発する同行者
会員本人と同日中にコードシェア便(ANA便名)で出発する同行者
国際線会員本人と同日中にANAグループ運航便で出発する同行者
会員本人と同日中にスターアライアンス加盟航空社運航便で出発する同行者
5月3日(月・祝)~
国内線会員本人と同一のANAグループ運航便で出発する同行者
会員本人と同一のコードシェア便(ANA便名)で出発する同行者
国際線会員本人と同一のANAグループ運航便で出発する同行者
会員本人と同一のスターアライアンス加盟航空社運航便で出発する同行者
期日: 2021/05/03から
メニューを開く