ANA、ファースト・ビジネス機内食を楽しめる「翼のレストラン」

ANA、ファースト・ビジネス機内食を楽しめる「翼のレストラン」

ニュース画像 1枚目:ファーストクラス 洋食(肉)[イメージ]
ファーストクラス 洋食(肉)[イメージ]

全日空(ANA)は2021年3月31日(水)、羽田空港に駐機するボーイング777-300ER型機の機内でファーストクラス、ビジネスクラスの機内食サービス体験を楽しめる「翼のレストランHANEDA」を開催します。海外旅行に行けないコロナ禍において、国際線機材で海外に行った気分を楽しめる企画です。申し込みは先着順が3月8日(月)11時から販売を開始しています。

昼の部は11時30分から、夜の部は18時からの計2回の開催で、所要時間は3時間です。代金は、ファーストクラスが税込59,800円、ビジネスクラスが税込29,800円と設定されています。3歳以上は大人と同額です。

機内食は、和食、洋食(肉料理)、洋食(魚料理)から、1種類を事前に選択します。ファーストクラスの和食コースのメインは「和牛蒸ししゃぶ 胡麻たれ掛け」、洋食のメインは肉料理が「和牛フィレ肉のグリル 神戸ワインマスタード風味」、魚料理が「金目鯛のポワレ ズッキーニピューレと大阪産レモンのクリームソース」です。

ビジネスクラスのメインは、和食が「銀鱈西京焼き 肉すい豆腐」、洋食は肉料理が「牛フィレ肉のソテー レホールの香るオニオンコンポートのせ」、魚料理が「メバルと海老のソテー クリーミーカレーソース」です。

なお、レストラン体験の前には、羽田空港国内線ターミナル内のANAラウンジ利用も楽しめます。記念品には、ファーストクラス・ビジネスクラスのアメニティーキット、ANA SKYコイン777コイン付与がプレゼントされます。

ニュース画像 1枚目:ビジネスクラス 和食[イメージ]
ビジネスクラス 和食[イメージ]
期日: 2021/03/08から
メニューを開く