ANA、PCR検査・ワクチン接種情報アプリ「IATAトラベルパス」 実証実験

ANA、PCR検査・ワクチン接種情報アプリ「IATAトラベルパス」 実証実験

ニュース画像 1枚目:アプリ「IATAトラベルパス」利用イメージ
アプリ「IATAトラベルパス」利用イメージ

全日空(ANA)は、自社運航の国際線で国際航空運送協会(IATA)が開発中のデジタル証明書アプリ「IATA トラベルパス」の実証実験を実施します。「IATAトラベルパス」は、IATA が開発を進めているスマートフォン向けアプリで、旅客の個人情報、新型コロナウイルス検査結果やワクチン接種記録などの健康情報をデジタル証明書として管理することを目指しています。

チェックイン手続きなどにも利用できるほか、出入国の際に係員にアプリ画面を提示し、非接触かつ円滑な手続きを進めることができ、国際旅行の本格再開に向けた取り組みとして期待されています。アプリは各国の最新の入国要件を反映し、利用者自身がその要件を閲覧・確認でき、航空会社も正確に利用者の渡航資格を確認できます。

現在、世界の航空会社のうち、ANAを含む13社が「IATA トラベルパス」プロジェクトに参画し、実用化に向けて準備を進めています。ANAの実証実験は、検査機関でデジタル証明書の発行、空港カウンターでデジタル証明書の確認手続きを検証する予定です。

この記事に関連するニュース
メニューを開く