成田・羽田空港、顔認証搭乗で実証実験 JAL・ANAも協力 | FlyTeam ニュース

成田・羽田空港、顔認証搭乗で実証実験 JAL・ANAも協力

ニュース画像 1枚目:成田・羽田空港が実証実験を開始する顔認証搭乗「Face Express」の仕組み
成田・羽田空港が実証実験を開始する顔認証搭乗「Face Express」の仕組み

成田・羽田空港は2021年4月13日(火)から、国際線で顔認証技術を活用した搭乗手続き「Face Exprеss」の実証実験を開始します。日本航空(JAL)と全日空(ANA)などが実験に参画し、7月から本格運用を目指します。顔認証技術の導入により、何度も搭乗券やパスポートを提示する必要がなくなり、スムーズかつコロナ禍で重視される非接触な手続きが実現します。

この実験では、空港到着後、まずFace Exprеssのロゴがついた自動チェックイン機で、パスポートを照合し顔画像を登録します。その後は、自動手荷物預入機、保安検査場、搭乗口を顔認証で通過・手続きができる仕組みです。ただし、出国審査は顔認証の対象外となります。

実証実験機器は、成田の第1ターミナルのチェックインカウンター「C」と搭乗口「51~57A」、第2ターミナルのチェックインカウンター「K」と搭乗口「61~66、71、 81~83、91~93」に設置されます。まずはJAL、ANAが実験に参画し、今後他の航空会社も検証に加わる予定です。

羽田空港では、第3ターミナルのチェックインカウンター「D・E・G・H・I・J」と全搭乗口、第2ターミナルのチェックインカウンター「P・Q・T」と全搭乗口が対象です。国際線を運航する航空会社が実験に参画します。

■「Face Exprеss」

期日: 2021/04/13から
この記事に関連するニュース
メニューを開く