JALとANA、聖火特別輸送機モデルプレーン当たるSNSキャンペーン | FlyTeam ニュース

JALとANA、聖火特別輸送機モデルプレーン当たるSNSキャンペーン

ニュース画像 1枚目:聖火特別輸送時の特別塗装が施された「JA837J」 (AquablueSkyさん撮影)
聖火特別輸送時の特別塗装が施された「JA837J」 (AquablueSkyさん撮影)

日本航空(JAL)と全日空(ANA)は、「東京2020オリンピック」聖火の輸送協力と聖火リレーが開始されたことを記念し、聖火特別輸送機モデルプレーン、非売品オリジナルステッカーが当たるTwitterキャンペーンを2021年4月27日(火)まで実施しています。

JALまたはANAの公式Twitterアカウントをフォローし、キャンペーン投稿をリツイートすると応募が完了します。賞品には、「JALオリジナル 東京2020オリンピック聖火特別輸送機 TOKYO 2020号モデルプレーン」が10名分、オリジナルステッカーが100名分用意されています。ステッカーには、聖火特別輸送機の機体イメージ、オリンピックと聖火の輸送をサポートしたJAL・ANAのロゴが描かれています。

なお、聖火は1年前の2020年3月19日(木)にアテネを出発。日本航空(JAL)のボーイング787-8型機、機体番号(レジ)「JA837J」で輸送され、翌3月20日(金・祝)に松島基地に到着していました。「JA837J」はすでに通常のJAL鶴丸塗装に戻っています。

期日: 2021/04/27まで
この記事に関連するニュース
メニューを開く