スターフライヤー、GW「台湾行ったつもりツアー」訓練施設の見学付き | FlyTeam ニュース

スターフライヤー、GW「台湾行ったつもりツアー」訓練施設の見学付き

ニュース画像 1枚目:「スターフライヤーで行く?!台湾日帰り行ったつもりツアー」
「スターフライヤーで行く?!台湾日帰り行ったつもりツアー」

スターフライヤーは2021年5月2日(日)から5月4日(火・祝)までの3日間、「台湾行ったつもりツアー」を開催します。普段は入れない北九州空港のスターフライヤートレーニングセンターでフライトのバーチャル体験に加え、台湾鉄路や九份を訪れた気分になれる観光スポットを巡る日帰りツアーです。

トレーニングセンターでは、シミュレーターの映像で北九州空港から台北・桃園空港へ向かうフライトのバーチャル体験を楽しめます。A320フルフライトシミュレーターをはじめ、各種訓練機器が設置されている施設を訪れることができ、特別感のあるツアーとなっています。

その後、台湾鉄路平渓線と姉妹鉄道締結3年を迎える平成筑豊鉄道への乗車、田川市石炭・歴史博物館を見学します。平成筑豊鉄道の貸切車内では企画イベントが予定されているほか、それぞれのスポットで台湾とのつながりを学べます。

また、台湾人気の観光地でジブリ映画「千と千尋の神隠し」のモデルとなった「九份」を再現した田川井田駅を訪れます。赤提灯の異国情緒あふれる幻想的な雰囲気や、台湾グルメが楽しめます。最後には、石炭記念公園で「天燈上げ」も体験できます。

天神・博多または黒崎・小倉からの貸切バスでの送迎付きコースで、旅行代金は15,800円です。

なお、スターフライヤーは、北九州空港に加え、名古屋(セントレア)からも台北線に就航していますが、新型コロナウイルスの影響を受け、2020年3月11日(木)から運休。4月15日(木)現在、2021年10月30日(土)までの運休が決定しています。

この記事に関連するニュース
メニューを開く