ピーチ、5月から6月に3,600便を減便 | FlyTeam ニュース

ピーチ、5月から6月に3,600便を減便

ニュース画像 1枚目:Peach A320
Peach A320

ピーチ(Peach)は2021年5月1日(土)から6月30日(水)まで、31路線、3,600便を減便します。減便決定前と減便後の計画便数は、5月が4,270便から2,310便、6月は4,130便から2,490便となります。運航率は5月が54.1%、6月が60.3%です。大阪府と兵庫県での「まん延防止等重点措置」の適用から同様の措置が国内の大都市に拡大し、緊急事態宣言も再び検討される中、予約の伸びが鈍っている模様です。

減便する路線は、関西発着で12路線、成田発着で11路線、那覇発着の新千歳、仙台、名古屋(セントレア)、福岡線の4路線、新千歳発着の仙台、名古屋線、仙台/名古屋線、名古屋/石垣線です。路線によって便ごとに運休日が異なる場合があります。

ピーチは3月16日(火)に、4月の予約は回復する傾向とコメントしていましたが、4月前半に予約動向が芳しくないとして、4月の減便を決定。5月、6月も運航率が50〜60%台と新型コロナウイルスの感染動向に大きく影響を受けた対応が続きそうです。

期日: 2021/05/01 〜 2021/06/30
この記事に関連するニュース
メニューを開く