JAL、プリンスホテルと提携 ふるさとアンバサダー同行ツアー発売 | FlyTeam ニュース

JAL、プリンスホテルと提携 ふるさとアンバサダー同行ツアー発売

ニュース画像 1枚目:客室乗務員からふるさとアンバサダーとして活躍するスタッフ イメージ
客室乗務員からふるさとアンバサダーとして活躍するスタッフ イメージ

日本航空(JAL)とプリンスホテルは2021年4月20日(火)14時から、ふるさとアンバサダー同行ツアー「JALふるさとアンバサダーが奏でる北海道プリンス物語3日間」を販売します。国内127路線を有するJALと、国内ホテル47カ所やゴルフ・スキー場などの全国レジャー施設を有するプリンスホテルが協業し、コロナ禍に新たな旅行スタイルを提案する取り組みの一環です。

「北海道プリンス物語3日間」は、JALふるさとアンバサダーおすすめの観光スポットを巡る個人向け商品です。出発地は東京、名古屋、大阪、福岡で、宿泊期間は5月12日(水)から6月30日(水)です。このうち、ふるさとアンバサダー同行コースの出発日は、6月3日(木)、6月6日(日)、6月17日(木)、6月20日(日)の4日間が設定されています。

ふるさとアンバサダー同行コースは1人85,000円から、同行しないコースが46,800円から。夕食には、札幌プリンスホテルで、アンバサダー一押しの地元食材をアレンジしたスペシャルディナーが楽しめます。

ニューノーマルに合わせた新たな旅行商品として、周遊チャーターフライトとグランドプリンスホテル新高輪への宿泊を組み合わせたプランも提供します。開催日は6月26日(土)で、ハワイをテーマに機内食も楽しめる羽田発着の遊覧フライトで、東京都内にいながら疑似海外旅行を体験できます。販売開始は5月末です。

なお、長期的な取り組みとして、今後のインバウンド需要が回復した際の準備として、万全の感染対策が施されたバスや観光スポット、ホテル滞在を楽しむ管理型の団体観光ツアーの販売も検討しています。

期日: 2021/04/20から
メニューを開く