セントレア、787眺められる休憩・リモートワークスペース用意

セントレア、787眺められる休憩・リモートワークスペース用意

ニュース画像 1枚目:FLIGHT OF DREAMS 787初号機「N787BA」
FLIGHT OF DREAMS 787初号機「N787BA」

中部国際空港(セントレア)は2021年4月20日(火)、第1ターミナル4階フードコート、FLIGHT OF DREAMSの2階シアトルテラスの一部エリアにリモートワークや休憩用フリースペース「SKY Share Space」をオープンしました。このスペースは無料で使用できます。

「SKY Share Space」エリアは、テーブル、座席だけでなく無料Wi-Fi、一部の座席にコンセントも用意されています。利用可能な時間は、平日の10時から18時です。セントレアは使用する際はマスク着用に加え、利用者同士でのスペースのゆずりあいを求めています。

このフリースペースはフードコートから近いカイデッキ、あるいはFLIGHT OF DREAMSに展示されているボーイング787初号機を眺めなることができ、休憩やリモートワークスペースとして飛行機を楽しみながらの活用をセントレアは提案しています。

メニューを開く