機内スープの実力は? 国内航空会社6社を徹底検証 | FlyTeam ニュース

機内スープの実力は? 国内航空会社6社を徹底検証

ニュース画像 1枚目:お取り寄せした日本国内航空会社のスープ
お取り寄せした日本国内航空会社のスープ

新型コロナウイルスの影響により、飛行機に乗る機会が大幅に減った2020年から2021年。自宅で味わえる機内食通販が好評で販売直後に売り切れるなど、飛行機気分を楽しめるアイテムが人気となっています。

機内食ネット通販が発売後数十分で完売するなど手に入りにくいことから、FlyTeamニュース編集部では、飛行機気分を体験できるアイテムの1つとして、誰でもネット購入できる航空会社の機内スープに着目し、味を再現できる商品を取り寄せてみました。

馴染みのある味から初めて飲む味まで、試飲するとともに、目隠しでどこの航空会社のスープか当てられるか!?対決も実施しています。

今回取り寄せたのは、下記の6社のスープです。ソラシドエア、スターフライヤーは公式オンラインショップから、その他、ANAオリジナル 茅乃舎 野菜スープ以外はAmazonで購入しました。茅乃舎 野菜スープは、「ANA STORE/ANA ショッピング A-style」などANA公式ECサイトで購入できます。

■試食した機内スープ 一覧

航空会社スープ商品名
ANAオリジナルビーフコンソメスープ
オリジナル 茅乃舎 野菜スープ
JAL明治 JALビーフコンソメ
明治 JALオニオンコンソメ
スターフライヤーオニオンスープ
ミネストローネ
AIRDOオニオンスープ
じゃがバタスープ(※過去に期間限定で提供)
ごぼうスープ(※過去に期間限定で提供)
スカイマークうづ志ほ名産店 玉ねぎスープ(※機内提供:有料)
ソラシドエアアゴユズスープ

まずはスタッフ3人(請川・林・藤山)で試飲し、その味の違いなどを考察。さらに、その考察が正しいのか判断するため、目隠しでどの航空会社のスープか当てられるかを検証します。目隠し対決は、特徴を見分けるのが難しいと思われる基本のコンソメスープ、オニオンスープで実施しました。コロナ禍を考慮し、マスクをしつつソーシャルディスタンスを取りながら試飲会を開催しています。

JAL vs ANA ビーフコンソメスープ 試飲&評価

まずは、みなさんもきっと飲んだことのある日本航空(JAL)、全日空(ANA)のビーフコンソメスープを飲み比べました。3人で意見が一致したのは「同じ『ビーフコンソメ』なのに味が違う!」ということ。当たり前かもしれませんが(笑)、今まで同時に比較をしたことがないので新たな発見でした。

ANAスープはしっかりした味という印象で、上空の機内で美味しく感じるように作られているからか、JALと比較すると塩味が強め。JALは、ANAと比較するとまろやかでコンソメ感を強く感じました。JALにはクルトンが入っているのがちょっと嬉しいポイントです。見た目でも違いがあるのが分かるでしょうか。

航空会社スープ種類請川藤山
ANAビーフコンソメスープ味がしっかりしている 塩味が強い塩気が強い意外と濃い
JALビーフコンソメスープ味がまろやか
コンソメをしっかり感じる 
JAL勝利
香りも味もコンソメ感がしっかりANAよりJALのほうが優しい味
ニュース画像 1枚目:JALとANAのビーフコンソメスープ
JALとANAのビーフコンソメスープ

航空会社4社 オニオンスープ 試飲&評価

続いて、4社のオニオンベースのスープを試飲。こちらもJALはクルトン入りで、玉ねぎの香りをしっかり感じるものの、濃すぎずしっかりした味。スターフライヤーは、ミキサーにかけたような食感もあり、玉ねぎを感じる上品な味でした。スカイマークは淡路島特産の玉ねぎを使ったスープと謳っているだけあり、はっきり玉ねぎの甘さを感じられます。AIRDOは他社と比較するとあっさりと飲みやすく、関西の方により好まれる味かもしれません。

ニュース画像 2枚目:JAL、AIRDO、スターフライヤー、スカイマークのオニオンスープ(左から)
JAL、AIRDO、スターフライヤー、スカイマークのオニオンスープ(左から)
航空会社スープ種類請川藤山
JALオニオンコンソメスープあっさりしているオニオンの香りをしっかり感じるチーズの風味を感じるような濃厚感がある
AIRDOオニオンスープ飲みやすい
クリアな感じ
あっさり薄味 風味もすこし薄いかもさっぱり関西風味
スターフライヤーオニオンスープ控えめのオニオン感(上品な感じ)ミキサーにかけたような食感で玉ねぎを感じる 香りしっかりなのに対し味は意外にも薄味見た目濃そう すりおろした玉ねぎのようなものが入っている
スカイマークうづ志ほ名産店 玉ねぎスープ後味がよく、はっきりオニオンを感じる優しい香り 玉ねぎの甘さが最後にくるさっぱり
でもAIRDOより濃い

※AIRDOのオニオンスープは、機内スープを製造しているグリーンズ北見が販売しているスープシリーズの少量パッケージを購入しました。(機内販売で購入できるスープ商品はAIRDOらしく、イメージキャラクター「ベア・ドゥ」のイラスト入りパッケージで販売されています。)
※スカイマーク「うづ志ほ名産店 玉ねぎスープ」は、スカイマーク公式Facebookで紹介されているスープと同じものです。

ANA「茅乃舎 野菜スープ」 試飲&評価

さて次に、これまでANA国際線全クラスで提供しているほか、2021年3月から5月まで羽田発国内線プレミアクラスの朝食時間帯に期間限定で提供されているANA「茅乃舎 野菜スープ」の登場です。国産の玉ねぎ・セロリ・キャベツ・にんにくなどを使用した玉ねぎベースのスープで、化学調味料・保存料無添加の調味料・食品ブランド「茅乃舎」による共同開発。他社のスープは1食当たり40~50円が多いところ、1食当たり73円と、単価が少々お高め。これは美味しいはず。(機内ではこのスープをベースに、「ほうれん草と卵、ベーコン風味のスープ」などにアレンジされ提供されています。)

ニュース画像 3枚目:ANAオリジナル 茅乃舎 野菜スープ
ANAオリジナル 茅乃舎 野菜スープ

実はしばらくの期間、毎日のようにこのスープを飲んでいたスタッフ請川は「あぁ、この味ね」という感想でしたが、初めて試飲する林と藤山はその香りから感動。藤山曰く「トマトスープのような香り(※)」がするほどで、味もしっかりした野菜の旨味を感じました。これは、目隠し対決でも間違えることなんてない(はず)。(※トマトは入っていません。)

航空会社スープ種類請川藤山
ANA茅乃舎 野菜スープ一瞬あっさりと思いきや、しっかりと野菜を感じる野菜の旨味がぎっしりなので薄味でも野菜を食べたような満足感がある野菜の香りで野菜の出汁をしっかり感じられる
ニュース画像 4枚目:ソラシドエア「アゴユズスープ」
ソラシドエア「アゴユズスープ」

ソラシドエア アゴユズスープ 試飲&評価

3人ともこれまで飲んだことがなかったスープのはじめに、まずはソラシドエアのアゴユズスープを試飲しました。しっかりとした魚介出汁に、ゆずは主張しすぎず最後に爽やかに香る感じです。これまで試飲したのは主に洋風のスープでしたが、ほんわかする和風味に思わず「もう一杯!」と言いたくなるテイストでした。

東京在住だと、主に九州に行く時にしか利用する機会がなかった航空会社ですが、3月28日(日)から羽田/那覇線に新規就航したため、これまでよりアゴユズスープを味わう機会も増えそうです。

航空会社スープ種類請川藤山
ソラシドエアアゴユズスープしっかり魚介とあっさりとした柑橘系を感じる出汁がしっかり感じられる ゆずは主張せず最後に爽やかに香る感じ魚感たっぷりで和風の香りに癒される
最後にも柚の香りが残る

スターフライヤー ミネストローネ 試飲&評価

次に、スターフライヤーのミネストローネ。なんとパッケージが機体デザインと同じく、白と黒でまとめられていてスタイリッシュ。「石鹸とかが入ってそう」という声も聞かれました。白いパッケージがミネストローネ、黒いパッケージは先に試飲したオニオンスープです。

ニュース画像 5枚目:スターフライヤーらしいシンプルなパッケージ
スターフライヤーらしいシンプルなパッケージ

見た目より、味はさっぱりで、美味しく飲みやすいスープでした。

ニュース画像 6枚目:スターフライヤーのミネストローネスープ
スターフライヤーのミネストローネスープ
航空会社スープ種類請川藤山
スターフライヤーミネストローネトマト味がしっかりと感じるトマトジュースのような感覚のさっぱり味食事に、と考えると薄味な気もするが、スープだけで飲むならとても飲みやすい。

AIRDO スープ 試飲&評価

このほか、AIRDOで過去に期間限定で提供されていた「じゃがバタースープ」「ごぼうスープ」も再現・試飲してみました。

ニュース画像 7枚目:AIRDO機内スープを製造するグリーンズ北見のスープシリーズ
AIRDO機内スープを製造するグリーンズ北見のスープシリーズ

これらも、AIRDOの機内スープを製造しているグリーンズ北見が販売しているスープシリーズです。過去には、AIRDO公式Facebookページで、製造工場を紹介する様子がアップされています。AIRDOデザインになるとパッケージはこんなにもキュートに。

ニュース画像 8枚目:AIRDO公式Facebookページで、機内スープ製造工場を紹介
AIRDO公式Facebookページで、機内スープ製造工場を紹介

ちなみに味はこのような感じでした。ちょっと小腹を満たすにもちょうど良さそうです。

航空会社スープ種類請川藤山
AIRDOじゃがバタースープクリーミーなじゃがいも感を感じられるバター感がしっかり ホワイトソース感あり パスタなどお料理に使えそううすいコーンスープ風。 ホワイトソースっぽい。
AIRDOごぼうスープコンソメに近い感じ
でも、もちろん「ごぼう」味です
「ごぼう」というよりも野菜スープのようなあっさり薄味意外と薄いコンソメ風な味

■一通り試飲したところで、ついに目隠しスープ対決!

自信満々のスタッフもいましたが、今回試飲したすべてのスープの中から、これが〇〇スープ!と当てるのは難しいと判断し、コンソメスープ、オニオンスープごとに、対決を実施しました。

結果は以下の通り。

航空会社スープ種類請川藤山
ANAビーフコンソメスープ× 〇 
茅乃舎 野菜スープ× × 
JALビーフコンソメスープ×
オニオンコンソメスープ 〇   〇  
スターフライヤーオニオンスープ× × ×
スカイマークうづ志ほ名産店 玉ねぎスープ ×  × 
エア・ドゥオニオンスープ× × 

目隠し対決の結果は、女性スタッフ2名は4勝3敗、男性スタッフ1名は2勝5敗という結果に。当てることができたスープはそれぞれバラツキがあるものの、3名とも満場一致で同意したのは「JALのスープは(比較すれば)判別できる」ということでした(食感で分かってしまうので、クルトンは除いて実食しています)。しかし、いずれにしても全体の正答率は6割以下…。その味覚はお察しの通りです。

一部地域で新型コロナウイルスまん延防止等重点措置や緊急事態宣言が出される中、少しでも飛行機気分を味わうにはどうしたらよいかという想いからスタートしたこの企画。それぞれのスープの味の違いを改めて感じ、余計に飛行機に乗りたくなりました。

弊社スタッフによるスープ評価の信憑性はさておき、遠出や飛行機での旅行が制限される中、気軽にお取り寄せできる機内スープで自宅時間を楽しんでみてはいかがでしょうか。

感染拡大が落ち着き、ワクチン接種が早期に推進され、海外も含めた自由な旅行が復活することを願う毎日です。



※今回試飲したスープは航空会社の公式サイトまたAmazonで購入しましたが、販売状況は在庫などにより変わります。また、機内でのスープ提供は新型コロナウイルスの感染予防対策で通常と異なる場合があります。

■今回試飲したスタッフ
請川:毎年マイルで海外旅行に出かける赤組マイラー。旅行・飛行機大好き人間。対決を前に、ANA茅乃舎スープを一口飲んで「…普通?」と言っていたツワモノ。「僕はいろいろ食べ歩いてますから、目隠ししても分かりますよ」と余裕。しかしながら、目隠しスープ対決では、7つのうち正解したのはたった2問…。

林:どちらかというと鉄道が好き。「茅乃舎スープは、スープ、チャーハンやポトフにこのまま使用できるので大人気なんですよ!」と、目隠しスープ対決に絶対的自信をもつ働くママ。

藤山:旅行が好き。「目玉焼きにはソース」と言ったら、関西出身の請川から「味音痴」の認定を受けた。どれかというと、やはり濃いめのAIRDO「じゃがバタースープ」が好き。

ニュース画像 9枚目:スープ対決を実施したスタッフ3人
スープ対決を実施したスタッフ3人
この記事に関連するニュース
メニューを開く