横田基地日米友好祭、2021年は延期 「2022年5月」開催を計画 | FlyTeam ニュース

横田基地日米友好祭、2021年は延期 「2022年5月」開催を計画

ニュース画像 1枚目:2019年の横田基地友好祭、多くの人が訪れていた
2019年の横田基地友好祭、多くの人が訪れていた

「横田基地日米友好祭/フレンドシップフェスティバル」は、2021年の開催を延期すると発表しました。例年は9月開催ですが、2022年5月にイベント開催を考えているとして「延期」の発表となりました。この開催表明は、「地域の皆様との大切な絆を祝するために行う毎年恒例の重要なイベントです。楽観的」ともコメントしています。

横田基地では、友好祭は長年に渡り、基地内のスタッフと支援する地域を繋ぐ大切な絆を祝う恒例の重要なイベントと位置付けています。それでも2020年は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による健康への懸念が払拭できないとして、6月に「不要な影響を回避する」狙いから、友好祭の中止を決定していました。2021年についても友好祭の開催にあたり、地元の支援も欠かせないため、早期に判断した模様です。

横田基地にはアメリカ空軍の第374空輸航空団が所在し、配備されているC-130J、UH-1N、C-12Jなどが例年展示されます。地上展示も年度によりさまざまですが、在日アメリカ軍だけでなく、在韓米軍、陸海空の3自衛隊からも航空機が展示され、2019年はCV-22が初めて公開されました。

ニュースURL
メニューを開く