羽田空港、自動運転の車椅子 国内線ターミナルで全面導入

羽田空港、自動運転の車椅子 国内線ターミナルで全面導入

ニュース画像 1枚目:利用イメージ
利用イメージ

羽田空港で2021年6月14日(月)から、自動運転技術を搭載したパーソナルモビリティ(車椅子)「WHILL自動運転システム」サービスが国内線の出発ゲートラウンジ全域で順次、展開されます。羽田空港を運営する日本空港ビルデングと、日本航空(JAL)、全日本空輸(ANA)、スカイマーク、AIRDO、ソラシドエア、スターフライヤーの国内線を運航するエアライン各社が協力して運用します。

このサービスは、搭乗客が自ら自動運転パーソナルモビリティを利用し、自由に空港内を移動できる特徴があります。利用時に空港係員との接触を回避でき、新型コロナウイルス感染症の感染リスク低減にもつながります。利用時は、待機場所から搭乗便の搭乗口まで、自動運転モードで案内されます。利用終了後は、無人運転で待機場所まで自動返却されます。

このサービスは2020年7月に初期導入され、この時点で空港での自動運転パーソナルモビリティの実用化は世界で初めてでした。今回、初期導入期間で安定した運用が確立されたことを受け、国内線を運航する第1・第2ターミナル出発ゲートラウンジ全域にサービス展開の拡大が決まりました。

なお、6月14日(月)から第1ターミナル全域と第2ターミナルの北エリア、7月中旬には全域に拡大します。サービスの運用時間は8時から20時です。

この記事に関連するニュース
ニュースURL
メニューを開く