ホンダジェット、バイオジェット燃料「サステオ」で飛行

ホンダジェット、バイオジェット燃料「サステオ」で飛行

ニュース画像 1枚目:HondaJet Eliteとバイオジェット燃料で飛行前の様子
© ユーグレナ
HondaJet Eliteとバイオジェット燃料で飛行前の様子

ユーグレナは2021年6月29日(火)、HondaJet Eliteにバイオ燃料を供給しました。機体記号(レジ)「JA01JP」は、バイオ燃料を搭載し、鹿児島から約90分間のフライトで羽田へ到着しました。ユーグレナは2021年秋から、ジェネラル・アビエーション機にバイオ燃料「サステオ」を供給します。

使用されたHondaJet Eliteの「JA01JP」は、投資家の千葉功太郎さんらが共同所有し、Japan Biz Aviation(JBA)が運航管理するプライベートジェット機です。ユーグレナは今後、JBAに「サステオ」を継続的に提供し、チャーターフライトを利用する顧客の選択で、バイオ燃料を使うフライトを実現します。なお、2021年秋以降の一般向けチャーターフライトは、2021年度に12回程度の利用が見込まれています。

ユーグレナは、事業所や家庭で使用された使用済み食用油、微細藻類のミドリムシを原料とした持続可能(サステイナブル)なバイオ燃料を製造しています。軽油の代替となる「次世代バイオディーゼル燃料」、ジェット燃料の代替となる「バイオジェット燃料(SAF)」など、ユーグレナはバイオ燃料をブランド名「サステオ」として展開します。

ユーグレナのバイオ燃料「サステオ」を使用したフライトは、6月4日(金)に航空局の飛行検査機「サイテーションCJ4」で運航されています。航空機で使用するバイオ燃料は、使用済み食用油と微細藻類ユーグレナ(和名:ミドリムシ)由来の油脂を使い、バイオジェット・ディーゼル燃料製造実証プラントで製造しています。外部検査機関で適合検査に合格したものと既存の石油系ジェット燃料を混合しています。

メニューを開く