アリタリア、羽田/ローマ線就航 オリ・パラで週5便 9月から週2便

アリタリア、羽田/ローマ線就航 オリ・パラで週5便 9月から週2便

ニュース画像 1枚目:羽田/ローマ線の初便で使用されたA330-200「EI-EJL」 (kuraykiさん撮影)
羽田/ローマ線の初便で使用されたA330-200「EI-EJL」 (kuraykiさん撮影)

アリタリア航空は2021年7月9日(土)、羽田/ローマ線に就航しました。7月10日(土)に正午過ぎにAZ792便として羽田に到着した機体は、エアバスA330-200型の機体記号(レジ)「EI-EJL」でした。復路の羽田発AZ793便は、7月11日(日)に羽田を出発しました。

2020年夏スケジュールに発着空港を成田から羽田に切り替える予定でしたが、新型コロナウイルスの影響から、就航を延期。東京2020オリンピック開催を前に就航が実現しました。ローマからの初便には、オリンピックに出場する選手たちの第1団が搭乗していました。

OAGスケジュールによると、羽田/ローマ線は7月中盤から週5便で運航する計画です。ローマ発AZ792便は8月16日(月)から、羽田発AZ793便は8月18日(水)から、それぞれ週3便となる予定です。さらに9月には週2便で運航する計画です。

使用する機材は、ビジネスクラス22席、プレミアムエコノミー17席、エコノミー217席、計256席またはビジネスクラス22席、エコノミー240席、計262席のA330-300です。

ニュースURL
メニューを開く