ユナイテッド航空、電動旅客機ES-19を100機購入 温暖化ガス排出ゼロ

ユナイテッド航空、電動旅客機ES-19を100機購入 温暖化ガス排出ゼロ

ニュース画像 1枚目:ユナイテッド・エクスプレス塗装のES-19 イメージ
ユナイテッド・エクスプレス塗装のES-19 イメージ

ユナイテッド航空は2021年7月13日(火)、ハート・エアロスペース(Heart Aerospace)が製造する19人乗り電動旅客機ES-19を100機購入する契約を締結しました。ユナイテッド航空子会社のユナイテッド・エアラインズ・ベンチャー(UAV)、ユナイテッド・エクスプレスを運航するメサ・エアラインズ、ブレイクスルー・エナジー・べンチャーズ(BEV)の3者によるハート・エアロスペースへの投資と合わせ、開発が条件を満たした場合、ES-19を購入します。ユナイテッド航空とは別に、メサ・エアラインズもES-19を100機購入、2社で200機、さらにオプション権100機が付帯されています。

ハート・エアロスペースが開発を進めているES-19は、19人乗りのリージョナル電動旅客機です。バッテリーと電気モーターを駆動力として、最速で2026年までに商用利用を目指しています。リチウムイオン電池が採用されており、最大航続距離は400キロメートルですが、バッテリー増量に伴い航続距離が延長できます。この電気推進システムを使い、すでに2020年に初のデモ飛行を終えており、運航に伴う二酸化炭素排出量ゼロを実現しています。

ユナイテッド航空は、ハート・エアロスペースへの投資、機材導入で2050年までに温室効果ガスの排出量を100%削減する目標を達成する新たな手法を手に入れます。これまでユナイテッド航空は、新機材の導入や運航機材の軽量化、持続可能な航空燃料(SAF)などによるカーボンオフセットに取り組んできました。電動航空機の導入で、こうした温室効果ガス排出量ゼロに向けた取り組みを加速します。

ES-19の導入が実現した場合、ユナイテッド航空は展開するほとんどのハブ空港発着で、100以上のリージョナル路線に就航する予定です。例えば、シカゴ・オヘア発着でパーデュー・ユニバーシティ空港、サンフランシスコ発着のモデスト・シティ・カウンティ空港など、かつて定期便があり、現在は運航されていない路線なども検討されています。

ハート・エアロスペースのES-19は、二酸化炭素を排出せず、航空機による航続距離も短い路線で就航でき、利便性の高い移動手段となることが見込まれています。

この記事に関連するニュース
メニューを開く