航空科学博物館、緊急事態宣言で「航空ジャンク市」開催延期

航空科学博物館、緊急事態宣言で「航空ジャンク市」開催延期

ニュース画像 1枚目:航空科学博物館 イメージ
航空科学博物館 イメージ

航空科学博物館は、2021年9月11日(土)と9月12日(日)に予定していた「航空ジャンク市」の開催日を延期します。緊急事態宣言が千葉県を含む1都2府10県に発令されていることを受けた措置で、延期後の日程は未定です。

「航空ジャンク市」は、毎年春と秋の2日間、ファン向けに開催されている恒例の企画です。普段は購入できない機内で使用されたカート、航空機で実際に使用されていた操縦桿などの航空部品、エアライングッズなど格安で販売されています。会場は航空科学博物館の体験館で、入館料のみで参加でき、多くのファンが来場しています。

新型コロナウイルスの影響から2020年春の開催は中止。秋は感染症対策として、整理券を配布し、ジャンク市会場内の定員50名と入場者数を限定して開催されました。

ニュースURL
メニューを開く