ANA Cargo、丸和運輸機関と提携 空陸一貫物流サービス構築へ

ANA Cargo、丸和運輸機関と提携 空陸一貫物流サービス構築へ

ニュース画像 1枚目:ANA Cargo イメージ (Sorakara_gonさん撮影)
ANA Cargo イメージ (Sorakara_gonさん撮影)

ANAホールディングス傘下で航空貨物事業を手がけるANA Cargoは2021年8月31日(火)、丸和運輸機関と包括的業務提携を締結締結しました。提携により、両社は経営資源、物流ノウハウの有効活用、事業効率の向上など、両社の物流サービス拡充に取り組みます。これにより、空に強みのあるANA Cargo、陸に強みのある丸和運輸機関の強みを活かし、空陸一貫物流サービスの構築に取り組みます。

協力する分野は、(1)生鮮品の産地直送航空輸送の商流拡大・共同マーケティング、(2)緊急対応可能な輸送体制構築、(3)付加価値商材の航空輸送への切り替え、(4)航空資材の共同開発、(5)BCP対応、(6)越境ECの日本国内ラストワンマイル配送構築です。

ANA Cargoは、ボーイング767型と777型の貨物専用機、旅客便国際線・国内線を活用し、半導体製造装置や完成車、さらに最近は医薬品輸送など貨物専用機を含む航空機の高速輸送を手掛けています。丸和運輸機関は、EC物流事業、低温食品物流事業、BCP物流事業をコア事業とした国内物流の陸上輸送に強みを持つ企業です。両社の提携により、空陸一貫物流サービスの構築と新たな物流サービスの拡充につなげます。

メニューを開く