テトラ・アビエーションの空⾶ぶクルマ、アメリカで飛行試験を開始

テトラ・アビエーションの空⾶ぶクルマ、アメリカで飛行試験を開始

ニュース画像 1枚目:⾶⾏試験初⽇の様⼦
⾶⾏試験初⽇の様⼦

空⾶ぶクルマ(eVTOL)を開発するテトラ・アビエーションは、開発した新機種Mk-5(マークファイブ)の無⼈⾶⾏試験をアメリカで開始したと発表しました。アメリカ連邦航空局(FAA)から2021年8⽉16⽇(月)付けで試験⾶⾏許可の認可を取得。研究開発⽤の航空機を対象とした特別耐空証明証、アメリカの空域での運用に必要な⾶⾏許可証を得ています。Mk-5の機体記号(レジ)は「N155TA」です。

現在、通常の航空機が運用されるオープンエアの環境で無⼈⾶⾏試験を実施しています。今後、有⼈⾶⾏試験を経て、キットプレーンとして販売されます。Mk-5は7⽉に初公開後、予約販売を開始しており、2022年のデリバリーを目標としています。個人顧客向けに約40機の予約獲得をめざしており、問い合わせは100件以上に登り、注目度は高いと言えます。

ニュース画像 1枚目:Mk-5の胴体横には「EXPERIMENTAL」と記され、研究開発⽤の航空機と分かる
Mk-5の胴体横には「EXPERIMENTAL」と記され、研究開発⽤の航空機と分かる

なお、⽇本でも試験⾶⾏を実施する際、FAAの認可を得たことで都度、航空局の許可を得て実証実験の⾶⾏ができるようになっています。

この記事に関連するニュース
メニューを開く