セントレア、2022年に新ラウンジ「プラザ・プレミアム・ラウンジ」登場

セントレア、2022年に新ラウンジ「プラザ・プレミアム・ラウンジ」登場

ニュース画像 1枚目:中部国際空港 イメージ
中部国際空港 イメージ

中部国際空港(セントレア)に2022年度中に「プラザ・プレミアム・ラウンジ」がオープンします。保安検査場通過後の国際線出発制限エリア内で営業する施設で、プラザ・プレミアム・ラウンジが運営するラウンジとしては日本では初めてです。

新設されるラウンジは、国際線出発搭乗フロアに450平米を確保し、出発前の旅客がリラックスしてくつろげる空間が用意されます。利用できる旅客、サービス内容、営業時間などの詳細は、改めて開業日の決定とともに公表される予定です。

プラザ・プレミアム・ラウンジは香港に本社を置き、世界70の国際空港、250以上の拠点で、空港サービスを提供しています。空港ラウンジでは「プラザ・プレミアム・ファースト」「プラザ・プレミアム・ラウンジ」を運営、空港ターミナルホテル「エアロテル」、空港での出迎えサービス「オールウェイズ」、さまざまな食事を提供する「エアポート・ダイニング」の4つの事業を展開しています。

今回のセントレアでのラウンジ開設は、新型コロナウイルス・パンデミック後に東京2020オリ・パラ大会などもあり、海外渡航が本格的に再開した際、多くの旅行者が日本をその訪問先に挙げるだろうと見込み、日本の空港での空港ラウンジ、出迎えサービス、ターミナル内ホテル、食事施設など、大きな機会になるとして進出を決定しました。

メニューを開く