セントレア、スカイデッキの新活用法などスタートアップ企業から募集

セントレア、スカイデッキの新活用法などスタートアップ企業から募集

ニュース画像 1枚目:セントレア・スカイデッキ イメージ
セントレア・スカイデッキ イメージ

中部国際空港(セントレア)は、その魅力創出・課題解決に向け、スタートアップ企業から7つテーマに沿った事業提案の募集を開始しました。スタートアップ企業の柔軟なアイデア、スピード感ある事業展開との連携で、魅力向上や課題への対応を進める取り組みです。テーマは、(1)利用者の満足度を高めるおもてなしサービス、(2)移動や物流の効率化や負荷低減、(3)センターピアガーデンやスカイデッキ等の既存空間の新たな活用、(4)空港ファン創出につながる場づくり、(5)ゼロ・カーボンへの貢献、(6)空港島内のナイトタイムや待ち時間の過ごし方、(7)空港をフィールドとした新たなビジネスです。

募集テーマへの提案は、応募書類とプレゼンテーション(ピッチ)を踏まえて選考。選ばれたスタートアップ企業はセントレアでPoC(概念実証)の機会が提供されます。説明会(オンラインも可)と空港島内見学会を10月5日(火)に開催、10月29日(金)に提案の募集を締め切り。さらに、企画提案の3分ピッチを11月15日(月)に開催、選考を経て5社程度を対象を絞り、2022年2月21日(月)に10分ピッチを開催。さらに2社から3社を選出します。

いずれも選考基準は、課題解決貢献度と実現性、事業化の可能性の高さ、そして独創性です。セントレアはこれまでも地元企業、行政と連携した空港運営の改善に取り組んできましたが、スタートアップ企業との連携はこれが初めての試みです。

期日: 2021/10/29まで
メニューを開く