JAL、ノルウェー産生サバ空輸 機内食で提供・首都圏スーパーでも販売

JAL、ノルウェー産生サバ空輸 機内食で提供・首都圏スーパーでも販売

ニュース画像 1枚目:9月下旬の羽田着ファーストクラスで提供される朝食メニュー、台の物には鯖塩焼き
9月下旬の羽田着ファーストクラスで提供される朝食メニュー、台の物には鯖塩焼き

日本航空(JAL)は2021年9月24日(金)から、旬のノルウェー産新物の生サバを直行便で空輸しています。冷凍されていない「生」のノルウェー産サバの輸入は、日本では初の取り組み。北欧から日本への直行便、ヘルシンキ発羽田着のJL48便を利用し、高鮮度の状態で空輸されます。JALUXの担当者は、空輸されるサバを脂肪率約30%、重量500グラム以上に厳選し、「サバヌーヴォー(Saba Nouveau)」と命名。首都圏のスーパーマーケットなどで販売するほか、JAL国内線ファーストクラスの機内食でも提供されます。

国内線ファーストクラスで提供される「サバヌーヴォー」は、9月21日(火)から9月30日(木)の羽田着、10月21日(木)から10月31日(日)の羽田発でそれぞれ提供されます。「サバヌーヴォー」は台の物として鯖塩焼きとして、袱紗焼き、奥出雲山椒ちりめん海苔、酢取り蓮根、柚子おろしと共に提供されます。

切り身の鮮魚としては、ロピアの首都圏全店舗、クイーンズ伊勢丹の白金高輪店と品川店から販売を開始します。また、加工品ではサバヌーヴォーを使った焼鯖寿司を販売する予定で、「JALショッピング」などでの販売に向けて商品が企画されています。

ニュース画像 1枚目:ノルウェーでのサバ漁の様子
ノルウェーでのサバ漁の様子

日本の食卓で人気の「サバ」は現在、半数以上がノルウェー産です。ノルウェーでのサバ漁は持続可能性を考慮し、脂肪が乗り栄養価が高くなる9月下旬から11月上旬に期間を限定して実施。通常は水揚げしたサバは冷凍され、1年を通して船便などで日本へ輸送されています。今回の空輸では、漁獲直後から0℃前後の状態を保ち、保冷梱包から輸送、通関まで、ノルウェーと日本の流通に携わる各社が協力し、「生」のままの輸送となりました。

JALはこれまで、ノルウェー産生サーモンなど、世界各地の鮮魚を国際線で輸送してきた実績があり、航空輸送のスピードと取り扱いのノウハウを活かし、「サバヌーヴォー」の輸送を実現。今後も毎年、秋の味覚として空輸する計画です。

メニューを開く