嘉手納所属67戦闘飛行隊F-15C、千歳基地への訓練移転を終了

嘉手納所属67戦闘飛行隊F-15C、千歳基地への訓練移転を終了

ニュース画像 1枚目:千歳基地で訓練に参加した67FSのF-15Cイーグル「81-0040」
千歳基地で訓練に参加した67FSのF-15Cイーグル「81-0040」

アメリカ空軍第18航空団(18WG)による嘉手納飛行場から千歳基地への訓練移転が2021年9月22日(水)、終了した模様です。第67戦闘飛行隊(67FS)のF-15Cイーグルなど12機、E-3Bセントリーが千歳基地を拠点に航空自衛隊の第2航空団、千歳・秋田救難隊と訓練を実施しました。訓練に合わせ、C-17グローブマスターIIIが空輸で支援しました。

F-15Cイーグルの12機は9月9日(木)に千歳基地に到着。訓練は予定通り、9月13日(月)から実施されました。9月17日(金)には、千歳基地から空自のF-15J/DJの12機、アメリカ空軍のF-15Cの8機、計20機の戦闘機が離陸したものが期間中では最大規模で実施された訓練でした。E-3Bセントリーは9月14日(火)から、訓練に参加し、9月24日(金)に嘉手納へ帰還した模様です。

ニュース画像 1枚目:訓練に参加したアメリカ空軍E-3セントリー「75-0560」
訓練に参加したアメリカ空軍E-3セントリー「75-0560」

FlyTeamの航空フォトで確認できる訓練参加機と見られる機体はF-15が10機、E-3が1機で以下の通りです。嘉手納飛行場の周辺地域への影響軽減を目的として実施されており、通算114回目で、国内は60回の訓練移転でした。

■訓練移転参加機
<アメリカ空軍F-15>
78-0548
81-0034 
81-0037 
81-0040
81-0050
82-0019 
83-0025 
85-0103 
85-0104
85-0115
<アメリカ空軍E-3>
75-0560
メニューを開く