台風16号、10月1日に東海・関東地方に影響か

台風16号、10月1日に東海・関東地方に影響か

ニュース画像 1枚目:台風16号の進路予想
台風16号の進路予想

台風16号が発達しながら北上するルートを進んでいます。9月27日(月)6時現在、沖ノ鳥島近海で猛烈な強さ、最大瞬間風速は75メートル/秒で北にゆっくりと進んでいます。10月1日(金)3時時点の予報は、中心が伊豆諸島近海にあり、非常に強い勢力で東海地方への影響が予想されます。さらに、その後や関東地方に影響が及ぶ進路が予想されています。

9月27日(月)現在、全日本空輸(ANA)や日本航空(JAL)など航空各社は、運航に影響が及ぶような航空券変更の対象などは出していません。気象庁の予報では関東・東海地方は10月1日(金)に暴風域の範囲に入る可能性があるとしています。このため、金曜日を中心とした週末に定期便を予約・利用する場合、特にその影響を注視したいところです。

今後の進路次第で、各社は航空券の変更対象の空港を設定し、航空券の変更などに対応していきます。

メニューを開く