レストラン・フライングホヌ、11月も継続 機内食&見学を同時にじっくりと

レストラン・フライングホヌ、11月も継続 機内食&見学を同時にじっくりと

ニュース画像 1枚目:レストランFLYING HONU 当日イメージ
レストランFLYING HONU 当日イメージ

全日本空輸(ANA)は、2021年11月も「レストランFLYING HONU」の開催を継続します。開催日は11月20日(土)、11月21日(日)、11月28日(日)の3日間です。成田空港に駐機する世界最大の旅客機で、ANAが保有するエアバスA380型機「FLYING HONU(フライングホヌ)」2機いずれかの機内で、国際線で提供される機内食と機内見学ができます。先着順で参加を受け付けています。自治体の要請に基づく対応になるものの、アルコールも国際線での提供に準じ、ワインをはじめ各種を用意します。

2機を使った企画は好評で、これまで参加した利用者から「旅行した気分やハワイに行った気分を味わうことができた」、「ふだんはゆっくりと見る機会のない『FLYING HONU』を2機同時に楽しめた」などの声が寄せられています。11月の企画も2機を使い、ANAのA380を満喫できます。

ニュース画像 1枚目:ビジネスクラス洋食、魚メニュー
ビジネスクラス洋食、魚メニュー
ニュース画像 2枚目:プレミアムエコノミークラス和食メニュー イメージ
プレミアムエコノミークラス和食メニュー イメージ

機内で提供される食事は、実際のフライトのように客室乗務員が提供。ファーストクラス、ビジネスクラス、プレミアムエコノミー、エコノミークラスの4つのコースが設けられています。さらに、この「レストランFLYING HONU」限定でシェフや運航乗務員、客室乗務員、整備士によるA380特別航空教室ビデオの放映、ホノルル空港・支店スタッフからビデオメッセージも上映されます。

なお、料金は10月と同じくファーストクラスが59,800円、ビジネスが29,800円、プレミアムエコノミーが13,800円、エコノミーが9,800円です。エコノミークラスは2,500円追加すると、プレミアムエコノミーの食事を楽しむこともできます。

この記事に関連するニュース
メニューを開く