航空局操縦職職員を募集、運航審査官と飛行検査業務で計4名

航空局操縦職職員を募集、運航審査官と飛行検査業務で計4名

ニュース画像 1枚目:航空局飛行検査機 イメージ (ATOMさん 2017年6月撮影)
航空局飛行検査機 イメージ (ATOMさん 2017年6月撮影)

国土交通省航空局は、2022年4月1日(金)から9月1日(木)までの期間に採用する操縦職職員を募集しています。配属は、運航審査官または飛行検査業務を担当する運用課です。専門行政職の国家公務員として勤務する条件です。採用予定数は、運航審査官が2名、運用課が2名、計4名です。応募締切は2021年11月8日(月)必着です。

応募資格は、運航審査官の場合、1966年年4月2日以降の生まれ、高卒以上または高専の第3学年の課程修了、あるいは高卒程度の認定試験に合格した学歴があり、飛行機に関する(1)定期運送用操縦士技能証明、(2)本邦航空運送事業者の機長として2年以上連続の勤務と600時間以上の飛行時間を含む5,000時間以上の飛行時間、(3)航空無線通信士、(4)有効な第一種航空身体検査証明、4つの技能証明等の全てを有する方です。

運用課の場合は、(1)1971年4月2日以降に生まれ、(2)高等学校卒業以上の高卒以上または高専の第3学年の課程修了、あるいは高卒程度の認定試験に合格した学歴、(3)技能証明条件を満たす方です。技能証明は、定期運送用操縦士技能証明(飛行機)または事業用操縦士技能証明(飛行機)、陸上多発の等級限定、計器飛行証明、航空無線通信士、有効な第一種航空身体検査証明です。

応募は、履歴書、技能証明書等の写し、航空経歴書と飛行日誌の最新の飛行時間50時間を含む部分を光学的に複写したもの、有効な航空身体検査証明書(第一種)の写し、「航空安全行政にかかわる操縦士の役割について」と題する自筆800字以内の作文です。

期日: 2021/11/08まで
メニューを開く