アメリカ空軍、F-35A核爆弾搭載の設計認証プロセス終了

アメリカ空軍、F-35A核爆弾搭載の設計認証プロセス終了

ニュース画像 1枚目:「B61-12」を搭載したF-35AライトニングII
「B61-12」を搭載したF-35AライトニングII

アメリカ空軍は2021年10月6日(水)、F-35AライトニングIIに核爆弾「B61-12」搭載に向けた認証プロセスで、最終飛行試験を完了したと発表しました。これにより、核爆弾搭載に向けた設計認証プロセスを終了し、今後は運用認証の段階に入ります。F-35Aの兵装が核爆弾「B61」シリーズの最新型「B61-12」搭載に適合し、設計が基準を満たしたことが確認されました。実戦搭載は未定ですが、第5世代戦闘機が核搭載に向けた大きな節目に到達しています。

F-35Aへの核搭載は、トランプ前大統領の時代に見直しが進められ、2020年ごろには模擬弾頭を搭載した試験飛行が実施されてきました。試験飛行は、ネリス空軍基地に所属する第422・第59試験開発飛行隊(422TES、59TES)が、トノパ試験場で不活性弾を投下し、設計確認が実施されてきました。

ニュース画像 1枚目:トノパ試験場へ向けて離陸するF-35A
トノパ試験場へ向けて離陸するF-35A

B61シリーズはF-15Eストライクイーグル、F-16C/Dファイティング・ファルコンにも搭載可能です。今回の試験を経て今後は国防総省、エネルギー省がF-35AとB61-12について、すべてのフェーズで運用が正しく実行されているか確認作業を進めます。

なお、運用認証を獲得した場合、アメリカ空軍のF-35Aが全て核対応の第5世代戦闘機になるわけではありません。核爆弾搭載は、その任務を担う部隊だけが航空機を含む必要な装備を維持することとなっています。

メニューを開く