空自初のKC-46A空中給油・輸送機、美保基地に到着

空自初のKC-46A空中給油・輸送機、美保基地に到着

ニュース画像 1枚目:美保基地で歓迎を受けたKC-46A (516105さん 2021年10月29日撮影)
美保基地で歓迎を受けたKC-46A (516105さん 2021年10月29日撮影)

航空自衛隊として初めてのKC-46A空中給油・輸送機が2021年10月29日(金)、美保基地に到着しました。シアトルのボーイング防衛・宇宙・セキュリティ部門(BDS)が所在するボーイング・フィールドを離陸し、美保基地に到着前に旋回を行って着陸しました。

KC-46は、民間機のボーイング767型をベースとして改良された多目的に対応する空中給油・輸送機です。空中給油機能を装備する前の機体組み立てはボーイング767-2C型として製造されています。767-2Cは767-200の長距離貨物機(LRF)をベースに、主翼や主脚などは767-300ERの部品を採用し、グラスコックピット化されています。この製造にあたり、ボーイングの日本でのパートナー企業が機体構造の16%を担当しています。

ニュース画像 1枚目:CYGNUS_20-1101さん 2021年10月29日撮影 14-3611 ボーイング KC-46A (767-2C) 航空自衛隊
CYGNUS_20-1101さん 2021年10月29日撮影 14-3611 ボーイング KC-46A (767-2C) 航空自衛隊

空自はボーイング767型をベースとしたKC-767空中給油機4機を保有しています。このKC-767と今回のKC-46の最大の違いは給油の対応方式で、KC-767はフライングブームのみですが、KC-46はプローブアンドドローグと2つの方式に対応しています。これによりKC-46は、空自が保有するUH-60J救難ヘリコプター、今後配備されるF-35BライトニングII、陸上自衛隊のV-22などに加え、アメリカ海軍や海兵隊の航空機にも対応可能です。

美保基地に到着したKC-46A空中給油・輸送機は今後、機体の確認や運用上必要な試験をおよそ1年6カ月ほどかけて実施する予定です。

この記事に関連するニュース
メニューを開く