AIRDO、12月から3カ月間「ほたて」推し 機内でスープ提供

AIRDO、12月から3カ月間「ほたて」推し 機内でスープ提供

ニュース画像 1枚目:「ほたて」イメージ
「ほたて」イメージ

AIRDOは2021年12月1日(水)から、全路線の機内サービスドリンクに北海道ぎょれんオリジナル「ほたてスープ」を提供します。通常は、北海道・北見地方産のたまねぎから作ったAIRDO定番のオニオンスープに代わり、提供されます。2021年12月から2022年2月までの3カ月間、エア・ドゥと北海道ほたて漁業振興協会などが連携し、期間・機内サービス限定のスープ提供です。期間中は、機内で「北海道のほたて」を全面的に推します。

この「ほたてスープ」の提供期間中は、オリジナル「ほたて紙コップ」を使ったサービスを実施。機内モニターでは、「ほたては年中いつもが旬」「いつでも身近な食材」「いつまでも持続可能な漁業」の3編、それぞれ90秒の動画を放映します。

さらに、AIRDO機内誌「rapora」12〜1月号、ソラシドエア機内誌「ソラタネ」2022年1〜2月号に「北海道のほたてがおいしい理由」をテーマに、両社の客室乗務員が実際に北海道産ほたてを味わい、美味しさを紹介する記事が掲載されます。

期日: 2021/12/01 〜 2022/02/28
メニューを開く