マレーシア航空MH370便、インド洋の墜落場所を特定か?

マレーシア航空MH370便、インド洋の墜落場所を特定か?

ニュース画像 1枚目:MH370便の捜索活動に多くの船舶が投入された
MH370便の捜索活動に多くの船舶が投入された

マレーシア航空MH370便が行方不明になった件で、丸7年越しに機体が墜落した場所が特定された模様です。独自にMH370便の航路を調査し、その情報を開設されたサイトでも公開しているリチャード・ゴッドフリーさんがオーストラリアのメディアに語っています。

墜落機の場所は、オーストラリア・パースから西に1,930キロメートル(km)の深海で、その場所は海底4,000メートルと公表しています。この場所特定にはボーイングからのデータをはじめ、航路のさまざまなデータを駆使し、微弱な電波を解析し、さらに海洋情報も含め、特定されました。捜索が実施されていた際に活用されていたインマルサットのデータとも合致する航路から割り出された地点です。

MH370便の捜索活動は、行方不明になった当初から実施され、2017年1月までマレーシア、オーストラリア、中国の3カ国が継続していました。活動は中断され、新たな情報に基づいて再開する可能性があります。今後は、特定した場所を捜索するかに焦点が移り、3カ国が新たな情報として認識するかに移ります。水深4,000メートルにまで到達できる無人潜水艇もあり、捜索活動の進展も期待されます。

この記事に関連するニュース
メニューを開く