ボーイング、737-800BCF改修ラインを中国・済南に2本追加

ボーイング、737-800BCF改修ラインを中国・済南に2本追加

ニュース画像 1枚目:ボーイング 737-800BCF イメージ
ボーイング 737-800BCF イメージ

ボーイングは、香港飛機工程(HAECO)傘下の山東太古飛機工程(Taikoo (Shandong) Aircraft Engineering Co. Ltd.:STAECO)と737-800ボーイング式改修貨物機(BCF)の新たな改修ラインを中国・済南に2本、設置することで合意しました。旅客機から貨物専用機に改修する市場からの強いニーズに対応します。

新ラインの1本目は2022年第1四半期に稼働し、2本目の2022年半ばまでに改修作業に着手する予定です。この2本のラインが稼働すると、STAECO施設の737-800BCF専用改修ラインは計7本になります。

今後20年のボーイングによる需要予測では、世界で1,720機の貨物機が必要と想定しています。このうち、1,200機は標準的な旅客機から貨物機への胴体改修で、その40%をアジアの航空会社が占める見通しです。こうした予測から、済南での改修ラインの追加設置となりました。

ボーイングは2021年、ボーイング767-300BCFの改修ラインを中国へ新設することに加え、737-800BCFでは南米、イギリス、カナダ、そして今回の中国で計7本の新設を発表しています。BCFの改修ラインを世界各地に展開することで、特にeコマースで需要が伸びる航空機による貨物輸送に対応します。

■ボーイングが2021年に発表しているBCF改修ライン
・767-300BCF改修ライン:中国・広州、1本
 広州エアクラフト・メンテナンス・
 エンジニアリング・カンパニー(GAMECO)
・737-800BCF改修ライン:コスタリカ、2本
 コオペラティヴァ・オートジェスティ
 ネリア・デ・サービシオ・エアロ
 インダストリアル(COOPESA)
・737-800BCF改修ライン:英・ガトウィック、1本
 ボーイング施設内
・737-800BCF改修ライン:カナダ・ケロウナ、2本
 KFエアロスペース
・737-800BCF改修ライン:中国・済南、2本
 STAECO
この記事に関連するニュース
メニューを開く