機内見学と機内食楽しめる「レストランFLYING HONU」、1・2月に計4回開催

機内見学と機内食楽しめる「レストランFLYING HONU」、1・2月に計4回開催

ニュース画像 1枚目:駐機する3機のA380 フライングホヌ
駐機する3機のA380 フライングホヌ

全日本空輸(ANA)は、2022年1〜2月の計4日間、国際線機内食とエアバスA380型の機内見学を楽しむ「レストランFLYING HONU」を開催します。開催日は、1月9日(日)、1月16日(日)、1月22日(土)、2月6日(日)です。成田空港に駐機している3機のエアバスA380型「FLYING HONU(フライングホヌ)」のうち2機をレストラン用と機内見学用として使用し、どの機体を使うかは当日のお楽しみ企画です。

ツアーで楽しめる「レストランFLYING HONU」の国際線機内食は、ファーストクラス、ビジネスクラス、プレミアムエコノミー、エコノミークラスの4つのコースから選ぶことができます。新型コロナウイルスの状況が落ち着いており、アルコールも国際線での提供に準じ、ワインなども楽しめ、機内食の提供は実際のフライトのように客室乗務員が対応します。

ニュース画像 1枚目:ファーストクラス 機内食 イメージ
ファーストクラス 機内食 イメージ
ニュース画像 2枚目:プレミアムエコノミー 機内食 イメージ
プレミアムエコノミー 機内食 イメージ

この機内食を楽しむ前後の30分間に、隣に駐機されているもう1機のフライングホヌの機内を見学できます。ファーストクラスやビジネスクラス、ANA COUCHiiなどフライングホヌならではのシートに座って体験してみたり、2機を背景に記念写真を撮影する時間も設けられています。

ツアーの料金は、ファーストクラスの食事の場合は59,800円、ビジネスクラスは29,800円、プレミアムエコノミーは13,800円、エコノミークラスは9,800円です。

メニューを開く