ピーチ「旅くじ」、機内販売スタート 次の行先は機内で決定!

ピーチ「旅くじ」、機内販売スタート 次の行先は機内で決定!

ニュース画像 1枚目:機内販売「旅くじ」は自分で選ぶアナログ方式
© Peach Aviation
機内販売「旅くじ」は自分で選ぶアナログ方式

ANAグループのピーチ(Peach Aviation)は2021年12月17日(金)、人気のおみくじ型カプセル「旅くじ」の機内販売を開始しました。「旅くじ」は8月に大阪、10月に東京、11月に名古屋、12月に福岡と4都市で販売していますが、次回の旅を機内で決めることができます。 まず、東京・成田着の11路線、大阪・関西着の13路線の機内で順次、販売します。

「旅くじ」は1回5,000円で購入でき、行き先はカプセルに入っている紙に指定されています。目的地を選べない旅をたのしめるよう、旅先でのミッションも指定されています。ガチャを回し、カプセルで指定される目的地が分かるまでのワクワク感に加え、旅行の楽しさが相まって人気に火が付き、8月から累計1万個が販売されました。

なお、機内での「旅くじ」販売は、自販機「ガチャ」ではなく、袋に入れた複数の「旅くじ」から購入者が選ぶアナログスタイルです。購入は機内デジタルサービスから注文でき、支払いは航空券購入時に登録したクレジットカード、または現金です。旅くじの目的地は、成田着の場合は成田空港を出発する11路線、関西着では関空を出発する13路線の旅くじがそれぞれ入っています。

メニューを開く