ANA・JALの2021年導入・退役機 振り返る

ANA・JALの2021年導入・退役機 振り返る

ニュース画像 1枚目:JAL、ANAが2021年に導入した新機材 (@たかひろさん 2021年12月10日撮影)
JAL、ANAが2021年に導入した新機材 (@たかひろさん 2021年12月10日撮影)

コロナ禍で厳しい状況が続く航空業界。日本の大手航空会社 全日本空輸(ANA)、日本航空(JAL)の2021年に新規導入・退役させた航空機体をまとめました。ANAは新規導入12機、退役29機で、17機の減少でした。JALは新規導入8機、退役16機で、8機の減少でした。両社とも、機体数を減少させる1年になりました。なお、機体数は国土交通省が発表する航空機登録情報の11月分までと、12月の新規導入・退役ならびに各会社の発表資料を考慮した数値です。

■全日本空輸(ANA):新規導入12機、退役29機

ANAは導入した12機のうち、エアバスA321neo型が8機、ボーイング787-9型が3機、エアバスA380型が1機でした。導入した機材は、コロナ禍を受け、国内線の機材が中心です。

ニュース画像 1枚目:Re4/4さん 2021年12月25日撮影 JA936A ボーイング787-9 全日空
Re4/4さん 2021年12月25日撮影 JA936A ボーイング787-9 全日空

退役機は計29機で、1月から7月にかけて毎月3〜5機を退役させました。内訳は、エアバスA320型が2機、ボーイング737-700型が7機、ボーイング767-300型が3機、ボーイング777-200型が3機、ボーイング777-300型が2機、ボーイング777-300ER型が12機です。

ニュース画像 2枚目:契丹さん 2018年8月7日撮影 JA702A ボーイング777-281 全日空
契丹さん 2018年8月7日撮影 JA702A ボーイング777-281 全日空

退役機の国内線の機材を新規導入したA320や787で置き換え、コロナ禍から少しずつ回復する需要に対応しています。導入と退役を見ると、コロナ禍で需要減少に伴う大型機の退役を前倒しした様子が色濃く反映されています。

なお、プラット・アンド・ホイットニー(P&W)製エンジン搭載のボーイング777型機は、12月に1機をアメリカにフェリーしています。

■日本航空(JAL):導入8機、退役16機

JALは導入した8機のうち、ボーイング787-9型が2機、エアバスA350-900型が6機でした。787は国際線仕様で、コロナ禍で厳しい環境ながら、すでに国際線に投入されています。また、A350は羽田/伊丹線をはじめ国内線の幹線に投入され、機内サービスの向上に取り組んでいます。

ニュース画像 3枚目:Sharp Fukudaさん 2021年9月20日撮影 JA10XJ エアバスA350-941 日本航空
Sharp Fukudaさん 2021年9月20日撮影 JA10XJ エアバスA350-941 日本航空

退役機16機の内訳は、ボーイング777型が15機、787-8型の1機はジップエアに移籍しました。P&W製のPW4000エンジン搭載機の飛行停止を受け、退役したボーイング777型15機のうち、12機は国内で保管されています。

ニュース画像 4枚目:バーダーさん 2015年1月5日撮影 JA773J ボーイング777-246 日本航空
バーダーさん 2015年1月5日撮影 JA773J ボーイング777-246 日本航空

両社の新規導入・退役を振り返ると、2021年はコロナ禍の影響から保有機数を減らし、生産量を抑える傾向がはっきりと現れています。一方で機齢の古い機材が退役し、新たな機材導入で最新の機内設備に更新されています。2022年もこの傾向が続くと想定されますが、サービス向上とコロナ禍を乗り越え、気兼ねなく空の旅を満喫できる状況になっていくことを願うばかりです。

■ANAの新規導入・退役機一覧
<新規導入> 12機
JA144A、エアバスA321neo、1/21
JA148A、エアバスA321neo、2/24
JA149A、エアバスA321neo、2/16
JA925A、ボーイング787-9、4/28
JA145A、エアバスA321neo、8/18
JA151A、エアバスA321neo、08/05
JA152A、エアバスA321neo、9/28
JA936A、ボーイング787-9、9/16
JA383A、エアバスA380、10/14
JA147A、エアバスA321neo、11/17
JA937A、ボーイング787-9、11/04
JA146A、エアバスA321neo、12/22(*)
<退役機> 29機
JA8971:ボーイング767-300、1/15
JA705A:ボーイング777-200、1/19
JA17AN:ボーイング737-700、1/21
JA732A:ボーイング777-300ER、1/21
JA711A:ボーイング777-200、2/1
JA756A:ボーイング777-300、2/1
JA606A:ボーイング767-300、2/12
JA757A:ボーイング777-300、2/12
JA18AN:ボーイング737-700、2/12
JA734A:ボーイング777-300ER、3/1
JA604A:ボーイング767-300、3/17
JA03AN:ボーイング737-700、3/29
JA04AN:ボーイング737-700、4/16
JA731A:ボーイング777-300ER、4/21
JA777A:ボーイング777-300ER、4/23
JA781A:ボーイング777-300ER、5/13
JA778A:ボーイング777-300ER、5/20
JA02AN:ボーイング737-700、5/20
JA736A:ボーイング777-300ER、5/28
JA735A:ボーイング777-300ER、6/2
JA782A:ボーイング777-300ER、6/10
JA783A:ボーイング777-300ER、6/21
JA05AN:ボーイング737-700、7/8
JA06AN:ボーイング737-700、7/12
JA779A:ボーイング777-300ER、7/15
JA780A:ボーイング777-300ER、7/21
JA01VA:エアバスA320、11/16
JA702A:ボーイング777-200、12/20(*)
JA02VA:エアバスA320、12/24(*)
(*印:12月の動き)

■JALの新規導入・退役機一覧
<新規導入>8機
JA881J、ボーイング787-9、4/20
JA882J、ボーイング787-9、4/23
JA09XJ、エアバスA350-900、6/15
JA10XJ、エアバスA350-900、8/18
JA11XJ、エアバスA350-900、9/10
JA12XJ、エアバスA350-900、9/29
JA13XJ、エアバスA350-900、11/11
JA14XJ、エアバスA350-900、12/18(*)
<退役機> 16機
JA706J:777-200、5/26
JA704J:777-200、10/21
JA824J:787-8、10/26
JA773J:777-200、12/16(*)
JA007D:777-200、3/31(PW)
JA008D:777-200、3/31(PW)
JA009D:777-200、3/31(PW)
JA010D:777-200、3/31(PW)
JA771J:777-200、3/31(PW)
JA772J:777-200、3/31(PW)
JA8978:777-200、3/31(PW)
JA8979:777-200、3/31(PW)
JA751J:777-300、3/31(PW)
JA752J:777-300、3/31(PW)
JA8944:777-300、3/31(PW)
JA8945:777-300、3/31(PW)
(*印:12月の動き)
(PW:退役、エンジン問題により国内で保管中)

メニューを開く