JAL機がANA A380に横付け、史上初の乗り換え体験も!!「チーム成田」のクラファン企画

JAL機がANA A380に横付け、史上初の乗り換え体験も!!「チーム成田」のクラファン企画

ニュース画像 1枚目:チャーター便で使用されるJAL767-300 (PINK_TEAM78さん 2011年3月5日撮影)
チャーター便で使用されるJAL767-300 (PINK_TEAM78さん 2011年3月5日撮影)

日本航空(JAL)のチャーター便に搭乗、その着陸時に全日本空輸(ANA)のA380型に横付けし、JALからANAへ乗り換える史上初の取り組みが実現する周遊フライトと機内特別カンファレンスが2022年2月25日(金)に開催されます。千葉銀行子会社のちばぎん商店が開設したクラウドファンディングサイト「C-VALUE」限定で、販売されています。JALとANAが全⾯協⼒し、「チーム成⽥」として実現する史上初の瞬間を体験し、機内から成⽥の未来と可能性を考える機会でもあります。フライト参加は、エコノミークラスに座席の残りが少しあります。

ニュース画像 1枚目:JALのチャーター便はANA A380に横付け予定
JALのチャーター便はANA A380に横付け予定

イベント当日は、成田空港でJALのボーイング767-300ER型に搭乗、11時ごろに離陸し、約3時間30分の周遊フライトを体験。機内では千葉県の熊谷知事、元ソニーのトップで現クオンタムリープの出井伸之会長、元いすみ鉄道社長で現在はえちごトキめき鉄道で地域活性に取り組む鳥塚亮社長などから講演動画、トップモデルによる上空での機内ファッションショーが予定されています。

機内では、このフライトだけに考案され、成田や千葉を感じるスペシャル機内食と成田の地酒、さらにJALアグリポートと客室乗務員が共同開発した成田のいちごで作ったチーズケーキがデザートに用意されています。機内食を提供する客室乗務員は、1967年の4代目から成田開港時の6代目ごろの制服を着用して対応します。

ニュース画像 2枚目:JAL Agriport、収穫したイチゴ
JAL Agriport、収穫したイチゴ

この767チャーター便の着陸時、ANAのA380型「FLYING HONU(フライング・ホヌ)」に横付けし、ターミナルビルに戻ることなく、史上初めてJALの機体からANAの機体へ駐機場で乗り換えをする体験が予定されています。

A380フライング・ホヌの機内では、成田とANAホノルル支店を繋いだオンライン中継をはじめ、ANA Team HND Orchestraメンバーによるバイオリン生演奏、人気ジュースブランドによる成田の野菜や果実を使ったジュース提供なども予定されています。

なお、イベントに参加できない場合でもカンファレンスの冊子やグッズなどを揃えた「成田を感じる 未来ギフト」が1万円、3〜4月の希望日に通常は立ち入り禁止の駐機場や滑走路付近のエリアで降車して写真撮影などを含む専用バスツアーが25万円などのコースも用意されています。

メニューを開く