フジドリームエアラインズ、2月下旬に初の新千歳発着遊覧フライト 流氷満喫

フジドリームエアラインズ、2月下旬に初の新千歳発着遊覧フライト 流氷満喫

ニュース画像 1枚目:FDA初の新千歳発着遊覧フライト
FDA初の新千歳発着遊覧フライト

フジドリームエアラインズ(FDA)は2022年2月26日(土)、初めて新千歳空港を発着する遊覧フライトを運航します。遊覧フライトは、新千歳空港を離陸後、道央から道東に向かい、大雪山系やサロマ湖など北海道の冬景色を楽しみながら、網走沖のオホーツク海上空で「流氷」を鑑賞するフライトです。海上保安庁の海氷情報センターによると、FDAが遊覧飛行を予定している網走付近では、2月9日(水)現在、流氷が確認されています。

飛行中の航路のうち、北海道を横断中に大雪山系やサロマ湖などを鑑賞する高度は3,000メートル(m)程度、網走付近では15〜20分をかけて旋回し、高度は1,000〜1,500m程度に下げる計画です。航路・高度で冬の北海道の自然の魅力や流氷鑑賞を楽しんでもらう計画です。

ニュース画像 1枚目:新千歳発着遊覧フライトの予定航路
新千歳発着遊覧フライトの予定航路

この遊覧フライトは、ツアー商品として日本空輸が2月10日(木)から販売を開始しています。当日は新千歳空港に11時集合、フライトは正午発で約2時間の遊覧フライト後、新千歳空港に戻り、解散となります。ツアー料金は4名参加時は29,800円、1名参加は58,800円です。

メニューを開く