JALのシステム不具合、14時35分ごろに解消

JALのシステム不具合、14時35分ごろに解消

日本航空(JAL)は、2022年2月16日(水)早朝から発生していた国内線チェックインシステムとJALウェブサイトの「国内線・国内線ツアー予約」に不具合が14時35分頃に解消したと発表しました。30分以上遅延した国内線は49便、4,100人超に影響が発生しました。

システムの不具合では、国内線の航空券・特典航空券の予約、国内線のツアー予約、国際線の一部予約、国内線・国際線の運航情報のメール・SMSでの案内などに影響がありました。

JALでは、搭乗手続きシステムの不具合は復旧したものの、引き続き遅延が発生する可能性、一部で出発後にメールが配信される不具合の発生があると陳謝しています。

この記事に関連するニュース
メニューを開く