ウィークエンド新田原、空自が動画公開 ブルーインパルスの課目紹介も

ウィークエンド新田原、空自が動画公開 ブルーインパルスの課目紹介も

ニュース画像 1枚目:ウィークエンド 新田原でのブルーインパルス (DONKEYさん 2021年12月5日撮影)
ウィークエンド 新田原でのブルーインパルス (DONKEYさん 2021年12月5日撮影)

航空自衛隊は、2021年12月に新田原基地で開催された「ウィークエンド 新田原」の動画をYouTubeで公開しています。「ウィークエンド 新田原」は航空祭の代わりに、約1,000名限定で招待者を対象に披露された催しです。この動画の見所は、ブルーインパルスの展示飛行です。2022年は航空祭も開催される可能性もあり、空自動画の演技課目の字幕付きで、ブルーインパルスの演技を予習できそうです。

ブルーインパルスは、各地の航空祭で基地内で楽しむ場合は、隊員たちが機体に乗り込む場面から楽しめます。空自の動画でも、搭乗前に機体へ乗り込む一矢乱れぬ動き「ウォーク・ダウン」から始まり、26課目が披露され、飛行を終えた機体を迎えるドルフィンキーパーによる「ウォーク・バック」で終了します。

なお、新田原基地で紹介された課目は、航空祭ごとに異なるため、全てが披露される訳ではありません。

■ウィークエンド 新田原で披露されたブルーインパルスの課目
ウォーク・ダウン:ドルフィンキーパーによる演技開始の合図
ダイヤモンド・ダーティ・ローパス:離陸後すぐ4機編隊で会場への挨拶
ローアングル・キューバン・テイクオフ:5番機の離陸
ロールオン・テイクオフ:6番機の離陸
ファンブレイク:4機が菱形のダイヤモンド編隊で会場左から右へ旋回
4ポイント・ロール:5番機、会場の左側から右側へロール(回転)しながら飛行
チェンジ・オーバーターン:縦一列5機で会場左から侵入、合図で三角形のデルタ隊形に変更
インバーテッド・アンド・コンティニュアス・ロール:5番機、背面飛行で進入、ロールしながら急上昇、8の字(キューバンエイト)のように飛行し降下
サンライズ:5機、太陽の光をイメージ、扇状に広がり上昇
バーティカル・クライム・ロール:5番機、会場左側から進入、急上昇しながらロール
スロー・ロール:6番機、ゆっくりロールしながら会場通過
チェンジ・オーバー・ループ:4機が縦一列のトレイル編隊で会場進入後、上昇しながらループ(宙返り)中に菱形のダイヤモンド編隊に変更、ロールしながら下降
ダブル・ナイフエッジ:5・6番機、会場右手から進入し、機体を90度傾ける「ナイフエッジ」で飛行
レター8:4機がダイヤモンド編隊で会場の頭上通過、正面で1~3番機が右、4番機が左旋回。4番機が円を描き、ゆっくり飛行する3機の後を追い、「8」の字完成
4シップ・インバート:4機が菱形のダイヤモンド隊形で背面飛行
キューピッド:5・6番機が垂直に上昇、ハートを描く。4番機がハートを射抜く「矢」を描く人気課目
ライン・アブレスト・ロール:3機が横一列に並ぶアブレスト隊列でロール
360°&ループ:5番機、会場左側から進入、左旋回で360度の円を描く旋回後、大きくループ(宙返り)
ワイド・トゥ・デルタ・ループ:後方から5機が三角形のデルタ編隊で進入、会場を通過後にループ。会場進入時にジェット機の音でびっくりする人も散見される課目
Xmasツリー・ローパス:6機で、前方の3機は間隔を詰め、後方の3機は間隔を開けた2つのデルタ隊形で飛行、スモークを幹に見立て、ツリーに見える課目
デルタ・ループ:6機がデルタ隊形で会場へ進入、ループを描く
ボントン・ロール:6機がデルタ隊形で会場へ進入、一斉にロール
バーティカル・キューバン8:5番機、会場中央で8の字を描く
スター・クロス:5機が上昇、ブレイクで空中にスモークで花を描いた後、星を描く
タック・クロスI:5・6番機、会場進入時に背面飛行、合図でロールしながら交差して左右に分かれ、ロールとループ。降下した後、再び5・6番機が交差
ローリング・コンバット・ピッチ:4機が斜め一列のエシュロン編隊で進入、上昇しながらロール、編隊解散
コーク・スクリュー:5・6番機の演技。5番機が背面飛行、その周りを6番機がバレルロールしながら飛行
ウォーク・バック:ドルフィンキーパーによる演技終了の合図

メニューを開く