陸自「富士総合火力演習」、2022年度も一般公開中止

陸自「富士総合火力演習」、2022年度も一般公開中止

ニュース画像 1枚目:2021年の富士総合火力演習
2021年の富士総合火力演習

陸上自衛隊は、2022年5月28日(土)に実施する「令和4年度富士総合火力演習(総火演:そうかえん)」について一般公開は実施しないと発表しました。新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、多くの観客を集める公開は実施しません。2020、2021年に続き、3年連続でコロナを理由に一般公開は実施されないことになりました。

総火演は陸自の各種装備品を使用した実弾演習で、車両や航空機などが多数参加し、日ごろの訓練の成果が披露されます。第1部の前段演習で陸自装備の能力紹介、第2部の後段演習はシナリオに基づいた動きを紹介しています。この数年の演習は、島嶼防衛を主眼としたシナリオに基づき、航空・海上自衛隊の航空機も参加し、陸海空の自衛隊による統合訓練・演習を意識した陸自の対応が紹介されています。

過去2年間、一般公開は中止されていますが、YouTubeチャンネルでライブ映像配信が実施されています。2022年度も同様に配信される可能性があります。

期日: 2022/05/28
メニューを開く