飛行船「新スーパードライ号」、いよいよ関東へ 千葉・野田市の係留地でイベントも

飛行船「新スーパードライ号」、いよいよ関東へ 千葉・野田市の係留地でイベントも

ニュース画像 1枚目:係留地・佐賀空港での「新スーパードライ号」 ((新)ふぁんとむ改さん 2022年4月12日撮影)
係留地・佐賀空港での「新スーパードライ号」 ((新)ふぁんとむ改さん 2022年4月12日撮影)

飛行船「新スーパードライ号」がいよいよ関東にやってきます。関東エリアで本格的な飛行を前に2022年4月19日(火)、係留地の千葉県・野田市スポーツ公園付近に到着します。関東での飛行は、4月22日(金)から4月26日(火)、5月2日(月)から5月8日(日)と、計12日間です。千葉・埼玉・東京・神奈川の南関東エリアの各地上空に登場します。当日の気象条件、風向き等による影響が大きいため、飛行船の詳細な経路は公開されていません。

神戸空港の格納庫で飛行に向けた作業を経て、これまで関西、九州各地で飛行。九州での飛行を終え、4月17日(日)に佐賀空港から山口へ、4月18日(月)は広島、倉敷、姫路などを経由して神戸、4月19日(火)は名古屋、浜松、富士などを経由して千葉に到着します。

関東での係留地、千葉・野田市では5月5日(木・祝)、お笑いトリオ「3時のヒロイン」が参加して飛行船のイベントが予定されています。この催しは、係留地付近の土手から見学でき、飛行船と3時のヒロインの大きさを対比することもできそうです。

なお、関東エリアには5月20日(金)から5月22日(日)まで3日間、北関東の群馬・栃木・茨木の3県を飛行する予定です。この飛行でも係留地は千葉・野田市を予定しています。

期日: 2022/04/22 〜 2022/05/08
この記事に関連するニュース
メニューを開く