タイ国際航空、7月に羽田/バンコク線 デイリー運航で再開

タイ国際航空、7月に羽田/バンコク線 デイリー運航で再開

ニュース画像 1枚目:タイ国際航空 787 イメージ (MA~RUさん 2014年9月13日撮影)
タイ国際航空 787 イメージ (MA~RUさん 2014年9月13日撮影)

タイ国際航空は2022年7月1日(金)から、羽田/バンコク線の運航を再開します。羽田発TG683便は、7月2日(土)出発分から、毎日運航します。タイ国際航空は、成田/バンコク線のTG643/TG642便をすでにデイリー運航、7月1日(金)からTG677/TG676便のデイリー運航再開を予定しており、首都圏とバンコクを1日3往復便で結びます。

タイ政府は、5月からワクチンを2回接種済みの旅行者を対象に、タイ到着時のPCR検査、隔離・待機を免除しています。未接種でも渡航前の検査で陰性証明を取得している場合も隔離措置は免除されます。渡航予定の48時間前までに「タイランド・パス」の登録さえ済ませれば、コロナ前とほぼ同様に旅行できることから、夏の旅行シーズンに向けて、タイ国際航空は便数を増やします。

タイ政府の入国制限がほぼ撤廃された状態を受け、タイ国際航空とタイスマイルエアウェイズは、4月から国際線・国内線とも増便や運航再開します。バンコク・スワンナプーム国際空港で、国際線から国際線へ乗り継ぎする場合、確約された予約があり、乗り継ぎ時間が24時間以内が条件です。このため、羽田からバンコク経由ロンドン行きの往復なども可能です。

■タイ国際航空 羽田/バンコク線
TG683便 羽田 10:35 / バンコク 15:05
TG682便 バンコク 22:45 / 羽田 06:55 (+1)

期日: 2022/07/01から
メニューを開く