チャイナエアライン、7月から羽田/台北・松山線デイリー運航

チャイナエアライン、7月から羽田/台北・松山線デイリー運航

ニュース画像 1枚目:チャイナエアライン A321neo (Haruru-cameraさん 2022年5月28日撮影)
チャイナエアライン A321neo (Haruru-cameraさん 2022年5月28日撮影)

チャイナエアラインは2022年7月から、羽田/台北・松山線のデイリー運航を再開します。チャイナエアラインは2022年5月4日(水)、羽田/台北・松山線の定期便運航を再開しており、水・土の週2便でしたが、6月には月・水・木・土の週4便に増便し、7月にはデイリー運航と段階的に増便しています。コロナ前は、チャイナエアラインを含め羽田/台北・松山線を運航する全日空(ANA)、日本航空(JAL)、エバー航空の4社は、1日2往復便を運航していました。

羽田発着以外の日本路線でもチャイナエアラインは増便を計画しています。関西/台北・桃園線で旅客便を運航するCI152/CI153便は、7月に現行の水・土の週2便から水・木・土の週3便へ増便します。

現在、チャイナエアラインの日本路線は、台北・桃園発着で成田、関西、名古屋(セントレア)、福岡と羽田/台北・松山線の5路線を運航しています。

日本から台湾へ向かう日本のパスポートを保有する方は、ビザの取得が必要です。ビジネス目的の渡航は可能ですが、観光は6月6日(月)現在の受け入れは再開されていません。渡航時は、出発2日前までのPCR検査の陰性証明の取得が必要で、到着後は自主隔離を含む7日間の隔離期間が必要です。

期日: 2022/07/01から
この記事に関連するニュース
メニューを開く