コロナ禍で減少した超大型 エアバスA380、世界で運航するのはANA以外に何社?

コロナ禍で減少した超大型 エアバスA380、世界で運航するのはANA以外に何社?

ニュース画像 1枚目:運航再開を待つA380
運航再開を待つA380

全日空(ANA)は2022年7月1日から、超大型エアバスA380型機の定期便運航を再開します。その大きさゆえ、コロナ禍では多くの航空会社が運航を停止し、一部の航空会社では早期退役を進めています。2022年6月現在、A380を運航している航空会社は、世界で7社・約110機です。コロナ禍で一気に数を減らした超大型機 A380を運航する航空会社をまとめました。

最も多く運航するのはエミレーツ航空で79機。続いて多い順に、シンガポール航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、カタール航空、カンタス航空、ANA、中国南方航空の7社がA380を現在運航しています。今後、大韓航空やアシアナ航空も運航を再開する予定です。逆に、中国南方航空は2022年度末に完全退役を計画しています。

コロナ前の2019年12月時点では、15社がA380を運航していました。これが2020年4〜6月ごろ、多くの定期便の運休にあわせ、A380も空を飛ばず各地に駐機されました。この頃、エールフランス航空がA380退役を前倒ししたほか、ルフトハンザも退役を示唆するなど、超大型機ゆえに厳しい風向きでした。

その厳しい時期も各国の入国制限緩和で終わりに近づき、ようやくA380の本領が発揮される時を迎えています。以前のように、成田空港や関西空港にA380が飛来する姿が戻ってきそうです。

■A380を運航する航空会社まとめ 2022年6月現在
航空会社新造機受領数保有機数運航中メモ
エミレーツ航空12311979現役
シンガポール航空241710現役、12機まで削減予定
ブリティッシュ・エアウェイズ12129現役
カタール航空10105現役
カンタス航空12123現役
全日空332現役
中国南方航空532退役予定
大韓航空1010-再開予定
アシアナ航空66-再開予定
マレーシア航空66-保管 (巡礼などに使用)
エールフランス航空10退役-
ルフトハンザドイツ航空14退役予定-
エティハド航空10退役予定-
タイ国際航空6退役予定-
ハイフライ-リース終了-
エアバス3--テスト機1機
博物館展示、2機
254198110
この記事に関連するニュース
メニューを開く